アジア文化学科

Close Up

1. 中国語・韓国語を4年間で身につける

中国語検定2級、韓国語能力試験TOPIKⅡ(3~4級)取得を目標に、語学力を確実に身につけます。
中国語は、中国語副専攻として定められた単位を取得すると卒業時に修了証を授与します。
その他にもアジアの共通語である英語やインドネシア語、ヒンディー語が学べるのも魅力です。

中国語副専攻修了者数/過去3年間(2015年~2017年)

合計…56名

2. 海外留学・海外研修制度が充実

海外留学の制度を活用して半年~1年間、中国・韓国・台湾・マレーシア・フィリピンをはじめとするアジア圏の大学で「生きたことば」を学ぶことができます。
2~4週間の多彩な海外研修もあり、異文化を体験し、価値観を広げる機会もあります。

海外留学・海外研修者数/過去4年間(2014年~2017年)

2014年28名 2015年36名 2016年34名 2017年37名 合計…135名

3. アジアの音楽、芸術、文化などを体験から学ぶ

アジアの芸術、音楽、文化などを体験から学習するさまざまな取り組みを実施しています。
これらの取り組みを通して、アジア諸国に根ざした文化や生活様式などをより深く理解するための豊かな感性と知性を育みます。