初等教育・保育専攻 初等教育コース

先輩の声

子どもや学校が好きで教職を目指し初等教育コースへ。必修科目は多かったですが、1~2年次は塾のアルバイトや遊びにも時間を使っていました。
火がついたのは、3年次の合宿。試験に向けて本腰を入れなければ、と空き時間を勉強に費やし、4年の初め、先生になれた先輩たちの話を聞くと、さらに熱が入り7月の1次試験では自己最高得点で合格できました。

My history

  • 入学前
    • 教育学部をねらい国公立も受験。
  • 1年次
    • 必修科目が多く、毎日5限まで授業。
    • 小学生~高校生までが対象の塾でアルバイト。
  • 2年次
    • 前期の授業で初めての「模擬授業」を経験。
    • 太宰府市内の小学校へ授業参観や現場教師との意見交換に参加。
  • 3年次
    • ひたすら模擬授業の繰り返し。
    • 夏季「教員採用試験対策講座合宿」に参加。台風で1日なくなり2泊3日。
  • 4年次
    • 日々、実習支援センターで試験勉強。
    • 7月~8月に教員採用試験、10月合格通知。

幼い頃からピアノを習っていたので、子どもに音楽を教えたいという思いから小学校教諭を目指していました。
筑女は入ってからのサポートが手厚いです。
通常の授業でも模擬授業などを徹底して行い、実習支援センターでは試験対策の講座や資料が充実。
面接も受験地によって異なる内容に応じた指導がなされ、筑女だから合格したと思います。

My history

  • 入学前
    • できたばかりの筑女の初等教育コースを高校の先生に勧められる。
  • 1年次
    • 毎日1限から5限まで授業。夜はもつ鍋屋でアルバイト。
    • 小学校と関わるボランティアサークル「リトルハンズ」に参加。
  • 2年次
    • 小学校の授業現場を見られる見学実習に参加。
    • 実習支援センターの「採用試験対策講座」に行き始める。
  • 3年次
    • どの科目も内容が「模擬授業」に重点を置くように。
    • 夏季「教員採用試験対策講座合宿」に参加。
  • 4年次
    • 春休み中の集中講座(試験対策)に参加。
    • 5月 母校へ教育実習。
    • 10月合格通知、福岡市の採用者説明会。