初等教育・保育専攻 初等教育コース

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

筑紫女学園大学は、建学の精神や校訓を踏まえ、本学において定義している大学卒業者にふさわしい力(学士力)を身に付け、学位授与の要件を満たした学生を社会に送り出します。そのため本学では、共に学び、それぞれの自己を実現したいと願う次のような学生を求めています。

  1. 高等学校卒業程度の基礎学力を身に付けている人「知識・技能」
  2. 主体性を持って様々な人々と協力しあいながら学ぶ態度を身に付けた人、または身に付けたい人「主体性・多様性・協働性」         
  3. 身に付けた知識・技能を活用して自ら課題を発見し、その解決に向けて取り組んだ人、または取り組もうとする人「思考力・判断力」
  4. 自らの考えや取り組みの成果を他者に伝えることができる人、または伝える力を身に付けたい人「表現力」    
  5. 入学を希望する学科等の教育内容や目指すものを理解し学ぼうとする人
    1. 人間や社会の様々な課題に関心を持ち、理解を深めたい人
    2. 子どもの成長や発達に関心を持ち、積極的で意欲のある人
    3. 高等学校のすべての学習について、積極的に取り組んでいる人

求める志願者の能力・取組み例

  • 地域の活動や子どもの発達などに関連するボランティア活動への積極的な参加
  • 各種検定や様々な資格取得への取組み

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学では、次のとおり教育課程編成・実施の方針を定めています。

教育課程の編成

本学の教育課程は、本学の「DP(ディプロマ・ポリシー:卒業認定・学位授与の方針)」に掲げる人材を養成するために、全学生を対象に開講する「全学共通科目」、学部や学科の学びの特色によって配置された「学部共通科目」及び「学科等の専攻科目(基盤科目-基幹科目-発展科目)」により編成しています。

教育課程の編成を踏まえ、学生が適切な履修計画を立てることができるように、「カリキュラム・マップ」(DPと各授業科目がどのように関連しているのかを明示したもの)や「カリキュラム・ツリー」(DPと授業科目間の連携や順次性がわかるように明示したもの)を作成しています。

教育の実施・教育方法

各授業科目はそれぞれの授業内容にあった受講人数を考慮したクラス編成としています。また、各授業科目において学生が主体的かつ能動的に、時には協働して学ぶことを支援しています。

授業形態には「講義」、「演習」、「実習」、「実技」、「実験」があり、それぞれに適正な授業時間と授業外学修を定めています。授業形態や単位修得に必要な学習時間については、学則に定め、学生便覧やシラバスに明記することにより、それぞれの形態にあった十分な学習時間の確保を促しています。

各授業科目では定められた「到達目標」とその達成に向けた授業内容を授業計画とともにシラバスに明記することで、学生の目的意識の喚起と学習計画の一助としています。

学修成果の評価の方針

本学の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)を達成するために編成した教育課程は、「カリキュラム・マップ」及び「カリキュラム・ツリー」並びに「シラバス」により、DPと各授業科目がどのように関連しているのか、科目を履修することによってどのような力を身につけることができるのかを明示し、各科目の到達目標を予め設定しています。

それらは、全て成績評価基準と併せてシラバスに明示し、厳格な成績評価を行います。また、学生が十分な学習時間を確保し、学びの質を高めるために履修登録単位上限(CAP制)を導入しています。

教育内容の点検・改善

教育課程全体の順次性や体系性を可視化した「カリキュラム・マップ」や「カリキュラム・ツリー」を作成したうえで、全ての授業科目において授業の目的や到達目標、身に付けることができる力を明示した「シラバス」を作成し、学生がそれぞれの学修計画に沿った履修ができるようにしています。

全ての授業科目は「シラバス」に基づいて行われ、「学生による授業評価アンケート」を実施することにより点検・教育改善に活かします。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

「本学における学士力」のうち、各学位の専攻分野を踏まえた力を次のとおり定めます。
これらの学士力を身に付け、各教育課程の卒業要件を満たした学生に対し、「学士」の学位を授与します。

(1)自己と向き合い、社会人として生きる力を身に付けている。

  1. 自己の良心と社会の規範・ルールに従って行動できる。「倫理観・人間観」
  2. 自分の感情や欲求をコントロールして行動できる。「自己管理能力」
  3. 他者と協働して課題に取り組むことができる。「チームワーク力」
  4. 社会の一員としての意識をもってその発展に関わることができる。「市民としての社会的責任・勤労観」

(2)社会生活に必要な力を身に付けている

  1. 多様な価値観を尊重し、他者とつながるための意思疎通ができる。「コミュニケーション・スキル」
  2. 多様な情報の中から必要なものを選択し、活用することができる。「情報リテラシー」
  3. 獲得した情報や知識を使って物事を筋道立てて考えることができる。「論理的思考力」
  4. 社会の多様な問題を発見し、解決することができる。「問題解決力」
  5. 人類の文化・社会と自然への理解を背景として、物事を考察することができる。「幅広い視野」

(3)現代社会を生きる自己を実現するための力を身に付けている。

  1. 自己にふさわしいキャリアを構想できる。「キャリアを構想する力」
  2. 一定分野または特定分野の知識・技能を獲得している。「専門的な職業人としての力」
    • 初等教育の専門職に求められる倫理観や人間観を身に付けている。
    • 初等教育の専門職に求められる資質や知識・技能を身に付けている。
    • 初等教育を取り巻く社会・地域・家庭の状況について概要を説明することができる。

(4)社会の多様な問題に取り組む実践力を身に付けている。

これまでに獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、自らが立てた新たな課題に向き合うことができる。「課題探究力」