留学・研修現地レポートReport from Overseas

初めての長期休み

Jun . 2022

語学堂の一学期が終わったら3週間ほど休みがあります。その間に大学の授業は進められていきますが語学堂だけに通うのであればその期間は完全に休みです。
5月は最初の週に期末テストがあって、夏学期が5月末に始まるので、ほぼほぼ休みという感じでした。

TOPIKの試験
この休みの期間にTOPIKの試験がありました。(5/15)
春学期の間、TOPIKの対策授業を取っていたので、前よりも確実に出来たと思いました。日本にいる時は作文の仕方が分からないし、ただただ自分の知っている範囲で作文をしていましたが、TOPIKの対策授業でしっかり教えてもらうことができたので、作文の壁を乗り越えられた気がします。結果はまだ分からないので、いい結果を待つばかりです。

文化祭(근화제)
徳成女子大学の文化祭がありました。(5/18‐20)
コロナの関係で2年間行われていなかったので、徳成女子大学に通っている学生にとっても、待ちに待った文化祭だったようです。たくさんのイベントや出店が出ていて、たくさんの学生が来ていて活発でした。中央のステージは後ろに大きな画面があって大きさも本格的で驚きました。最初から最後まで本当ににぎわっていて、韓国の大学に自分も所属して、この空間に入れることにとても嬉しく思いました。また、最後に花火大会かと思うほどの規模の花火が上がって、凄かったし、本当にいい思い出になりました。準備は本当に大変だったけど韓国に来ることができて良かったと実感しました。

釜山2泊3日
せっかくの長期休みだったのでプサンに遊びに行きました。まず、韓国の空港から国内線に乗るということが不思議でした。観光地を巡ったり、有名な食べ物を食べたりして充実した旅行となりました。旅行の中でも1番良かったのは海を見れたことです。ソウルにはないので、海を見ることができてとても癒されました。また、釜山はドラマの撮影地が多いので撮影地を巡ったりもしました。他にも色々な土地に行ってみたいと思いました。

夏学期始まり(5/30)
無事に4級を合格したので、夏学期は5級のクラスになりました。高級のクラスになると急にレベルが上がると聞いていて不安にですが、頑張っていきたいと思います。教科書の形式もガラッと変わっていて、文法中心というよりも自分の意見を韓国語で伝えることが1番重要だと言われたので、そのことを意識して夏学期も頑張りたいと思います。

韓国にきて3ヶ月ほど経ちました。生活には慣れたし、学校生活にも慣れてきたので、余裕が出てきたのですが、同時に、韓国に住んでいるからと言って、韓国語の実力が伸びるわけではないと感じました。自分から積極的に韓国語を使う環境を作らなければ今以上伸びないと思いました。私はサークルにも入っていないので、もっと積極的に韓国語に触れる環境を探してもっと自分の韓国語のレベルを上げられるように、残りの留学生活を悔いのないよう過ごしたいと思います。