留学・研修現地レポートReport from Overseas

本格的に留学生活がスタート

May . 2022

台湾は5月ですが30度を超える日もあり、とても暑い日が続いています。

授業は月曜日から金曜日まで毎日3時間あります。基本的には大学オリジナルのテキストを使って進んでいくのですが、映画を見たり音楽を聴いたりしてネイティブな言葉を勉強しています。また、1つの課が終わるとリスニング、リーディング、スピーキングの3つの項目の小テストがあります。授業で出てきた新しい単語や文法を中心に問題が出されるので勉強をしっかりとしていれば大丈夫です。

休日は台湾人の友達やクラスメイトの人といろいろなところに行っています。先日は「廟」と呼ばれるところに行きました。台湾では半分くらいの人が道教を信仰しているので伝統のものに触れたり見たりして文化を学んでいます。また、日本語学科のチューターの方と一緒に観光をしたりご飯を食べに行ったりして交流を図っています。そして、学校が開催しているイベントやパーティーに参加してたくさんの人と交流を図っています。先日行われた留学生を迎えるウェルカムパーティーではみんなでジェスチャーゲームをしたり、配られたピザとタピオカミルクティーを食べておしゃべりをしたり、留学生一人一人に設けられてるバディと顔合わせをし連絡先を交換したりしました。

街に出ると日本食や日本の製品を売っているお店がたくさんあるので特に不自由なく生活することができています。また、日本語や英語を話せる人がたくさんいるので飲食店で注文するときなどで困っていると周りの人が助けてくれます。寮には食事がついていないので3食自分で準備しないといけません。コロナの影響で自炊できる共同スペースが開いていないので100%外食です。学校の中に食堂が3つあるのでそこで食べたり、学校の近くのお店で食べたりしています。夜になると夜市があるので買ってきて部屋で食べることもあります。美味しいプラス安いのでとても助かっています。

最後に隔離が終わって寮での生活が1か月経ちました。慣れないこともたくさんありますが楽しみながらたくさんのことに挑戦していきたいと思います。