留学・研修現地レポートReport from Overseas

終わりに近づく留学生活

Nov . 2019

韓国はもう真冬のような寒さの日が増えてきてコートを着る季節になりました。体調管理には気をつけなければならないなと改めて感じています。終わりに近づく留学生活最後に体調を崩さないように気をつけたいと思います。

今月は特に学校行事はなかったのですが、留学生の韓国語の授業でグループごとに演劇をしました。後期の授業では5.6級の授業を受けているのですが、その授業の中でグループを作り、自分たちでシナリオや役割を決めて演劇をするというものでした。私たちのグループは日本人3人と中国人1人のグループだったのですが、ディズニーのアニメの中に出てくる悪役を元に演劇を考えました。最初はなかなか案が出ずちゃんと10分演劇が出来るか心配でしたがちゃんと発表の日に間に合わせることが出来て良かったです。発表の後先生からも上手だったと言われて嬉しかったです。

また、韓国語の授業のレポート作成のために、キムチ博物館に行ってきました。景福宮の近くにあるのですが、キムチの歴史や、作り方などを学ぶことができます。申請をすると実際にキムチ作りを体験することもできます。今回は時間がなく体験はしませんでしたが、機会があれば一回キムチを作ってみたいなと思いました。キムチの食べ比べもできる部屋がありとても楽しむことができました。

そして今月もまたTOPIKの試験を受けました。先月受けたときから1ヶ月ぐらいしか経ってなかったのであまり勉強が出来ませんでしたが、なんとか最後まで解くことができました。今までTOPIKを何度か受けましたが、リーディングの時間がいつも足りず最後焦って解いていましたが、今回の試験で初めて時間内に最後まで解くことができました。韓国語の実力が上がったのかなと自信がつきました。

もう12月になり、留学も終わりに近づいてきました。来月には最後の期末テストもあるので、悔いの残らないように留学を終わらせたいと思います。また残り少ない時間でみんなと楽しい思い出を作りたいなと思います。