留学・研修現地レポート Report from Overseas

Winter is coming

Jun . 2018

私の留学生活もあっという間に最後のセメスターに入り、今の大学で勉強するのは残り一か月を切り、帰国までも約一か月と少しとなりました。家族と連絡を取りながら、もう帰国のことを考えることになるなんて、、と時の流れの速さに驚いています。そして毎回母と電話をすると会話の8割以上は私が一方的に話しています。笑

 5月から本格的に新しいコースでの勉強が始まりました。Advanced Academic English Skills(AAES) Reading & Writingコースと呼ばれ、English Academic Purpose(EAP)のコースより想像以上にハードかつハイレベルで、最初は正直このコースに合格できるかどうかも不安になるほどでした。前のEAPでのコースは1セメスターが10週間あるので、それぞれのレポートの提出までに約2週間かけれていたので時間にも心にも余裕がありました。でもこの新しいコースは6週しかありません。学習内容もレポート課題もやっていることは前とあまり変わりませんが、時間が凝縮されているため、本当にパンクするんじゃないかと思いました。先生にフィードバックをもらうたびに、たくさんのミスを指摘されて、精神的にダメージを受けまくったのもこのコースが一番でした。留学8か月目になってもまだまだ自分の文法にも小さなミスが沢山あって、積もり積もって減点になって、、でもそれは前よりも断然減っているし、よりハイレベルな単語をどんどん使っていけるようになってきているので自分の成長の一部だとプラスに考えていこうと思います。週に1度の大きな課題を経てfinal skills testsを終え、ついに6週間を終えました。最後のテストも無事に合格でき、このコースを卒業しました。写真はその時のものです。クラスメイトはみんなWestern Sydney uniでmaster’s degreeやPhDといった日本でいう大学院を目指していて、年齢は関係といえど私よりはるかに上を行く大先輩に囲まれて勉強できる環境に自分もいれたことに本当に誇りに思います!!

 6月になり、これからAAESのListening&Speakingの新しいコースがスタートしました。前のクラスは12人だったのに対し、今回のクラスは6人と半分になりました。スピーキングは私にとって以前から苦手分野で、来た時より明らかに大きな変化がみられるものの、前のコースではあまりスピーキングに特化していなかったのもあり、少し不安もありました。もちろんpresentationに加えdiscussionにoral summaryに、、難易度高めのタスクが盛りだくさんで楽しみで仕方ないです。

 また、シドニーでは今VIVID SYDNEYというイベントがシティの至る所でやっていて、ハーバーブリッジやオペラハウス、などいろんなところが綺麗にライトアップされていてたくさんの人で溢れかえっています。今シドニーは冬なので日本でいう冬にイルミネーション見に行くような感覚です。写真は前のクラスメートと久しぶりに会って撮った時のものです。

 いよいよ留学ラストスパートということで帰国日も決定して、改めて自分がもう終盤にいるんだなということを実感しつつあります。帰国してからはまた福岡で一人暮らしを再スタートするのですが、その住む場所も帰国後にするアルバイトもぼちぼち考えていかないといけないなと思っています。留学前まで働いていたアパレルのバイト先に戻ることを一番に考えてはいるものの、それが留学経験をして帰ってきた自分に本当にあっているのか、他にももっと英語を使うような仕事もあるのではないのかなと思い悩んでいる真っ最中です。留学後のアルバイトが、その後自分が経験する就活にダイレクトに繋がると思うので慎重に考えないといけないなと思っています。とにかく今は、英語の学習に視点を置いて突っ走るのみです。プレゼンでド緊張しないように!!!!今までの経験を思い出しながらシドニー留学生活、最終学期も頑張ります!