留学・研修現地レポート Report from Overseas

Happy Easter!  

Apr . 2018

 留学が始まってあっという間に半年が過ぎ、7か月目に突入しました。雨も少なく、暑い日が続いていたオーストラリアも最高気温が30度以下の日が続くようになり、涼しく過ごしやすい日もあれば、少し肌寒いなと感じる日もあります。オーストラリアは3月~4月にかけてが季節の変わり目らしく、夏が大好きな私にとってビーチに行くこともこれからだんだん減るのかなと思うと寂しい感じがします。

 学習面では、自分の中で大きな進歩を感じれる場面が多くなりました。特に、3月中旬には私の本当に苦手な分野であるプレゼンがありました。留学生活三回目ではあるものの、やっぱり何度経験しても準備が大変で、練習しても不安要素は消えず、緊張もすごいしで、私がプレゼンに慣れるのにはまだまだ時間がかかりそうです。EAP5でのプレゼンの時間は一人最低10分、ペアで反対の意見をお互い発表する形式で、以前の一個前のクラスのときとそれは変わりませんでした。でも一番上のクラスということで求められるものも、もっと論理的であったり、academic Englishを使わなくてはいけなかったり、クオリティの高さも求められました。ド緊張の中、私たちのプレゼンは始まり、何回も言いたいこと飛ばしたり、言葉が出てこずつまったり、もありましたが無事に12分のプレゼンを終えて、先生からフィードバックをもらいました。私たちの先生は基本的に厳しめの指導なので、これまでプレゼンをしたほかのクラスメートは結構厳しめのフィードバックをもらうことが多かったです。でも私たちの時は、二人とも発音や姿勢など改善すべきところはところどころ見られたけれど、先生はあなた達のプレゼンを楽しんで見れました!良かったよ!という本当に嬉しい言葉をもらって、スコアも私の中では嬉しい7割をもらえました。どんなに緊張しても、噛んで言葉に詰まっても、日々の努力や成果を認められて、自分の成長を感じれて嬉しかったです。

 2週に1回レポート提出があり、毎日パラグラフごとに下書きを書いては次の日提出して、先生から添削をしてもらうというのが3~4週続きました。寝る時間も削って、今までで一番忙しくて本当に辛い!!と思う週でした。

 3/30~4/3まではEaster Holidayで4日間学校がお休みでした。私たちのキャンパスの目の前で、年に一回のSydney Royal Easter Showがありました。移動遊園地や移動動物園、色んなイベントがそこで開催されていて、私たちの学校はシドニーのオリンピックパークの近辺なので、1日だけエントランスフリーの日があり、ほかのクラスの人たちも合同で午前中の授業が終わった後、行ってきました。写真はその時のものです。留学に来る前はイースターってなんのお祝いなんだろうと疑問に思っていましたが、キリストの復活を祝うイベントがあちこちであっていたり、スーパーにはイースターエッグというチョコレートが沢山売られていたり、先生や友達からは沢山イースターエッグをもらったりと、とても楽しいholidayでした!

 残りの留学生活もあと約1ターム、、期末テストが終われば今のクラスともお別れなので、もっと充実させて満足のいく結果が出るように頑張ります!!