留学・研修現地レポート Report from Overseas

Happy New Year

Jan . 2018

明けましておめでとうございます。マレーシアに来る前から、初めての海外での年越しをどのように過ごそうかとワクワクしていましたが、年明けに行われたプレゼンの準備と課題に追われ、年を越しました。カウントダウンの花火は友達の家から何とか見ることができたので良かったです。こちらは1日1日月曜日が祝日で2日からは通常通りの授業が始まりました。そのため、年末年始を過ごした感覚が全くありませんでした。こちらは、2月にある旧正月の方が盛大にお祝いされるようです。

クラスでは先月末から一番上のLevel4に上がることができました。新しいレベルは前のレベルに比べて、課題も増え、先生も少し厳しい先生になりました。期間も短いのでバタバタとプレゼンの準備や課題をやっているとあっという間に終わってしまいそうです。担任の先生は日本が大好きなので、たくさん日本の事について質問されます。しかし、先生の方が詳しいのではないかと思うことも多々あります。先日は授業でアジアの歴史についてディスカッションをしました。マレーシアの歴史には日本も大きく関わっています。また、クラスメイトは中国人が多く、中国と日本の関係についても話しました。国際交流をする中で自国の歴史や文化を知るのはもちろん、相手の国との歴史についてもしっかりと理解しておくことはすごく大切だと改めて感じました。

12月の旅行の続きを書きたいと思います。クアラルンプールからベトナムのホイアンとホーチミンに行っていきました。ホーチミンでは、2年前にマレーシアに留学されていた安元さんにお会いすることができました。たくさん色々な話を聞くことができ、すごく楽しかったです。帰国後の就職活動についても聞くことができました。海外で働く事はすごく大変そうでしたが、ベトナムで頑張っている安元さんはすごくかっこよかったです。帰国したらすぐに就職活動が始まります。今の留学生活が活かせるように、私ももっと頑張ろうと思いました。また安元さんに会いにベトナムにいきたいです。

マレーシアでの生活も残り約1ヶ月となりました。すごく日本を恋しく思うことがありますが、それ以上に、帰国した時のことを考えると今の生活を恋しく思います。今月は学校が忙しくあっという間に終わってしまいそうですが1日1日を大切に過ごしていけたらいいなと思います。