留学・研修現地レポートReport from Overseas

変化を見つける

Nov . 2019

季節の変わり目だからでしょうか、11月前に急に体調を崩し2~3日寝込んでいました。体調不良の対策無しに台湾に来たものですから薬の一つも持っていなかったため、かなり苦しい思いをしました。相部屋の方から手持ちの漢方薬を貰い、食事の手配もして頂きました。本当に頭が上がりません。体調管理も自己責任、風邪になりにくいからと慢心せず万一のことを考えて行動することが大切だと痛感しました。

11月の頭には中間テストがありました(テストと体調不良が被らなくて良かったです)。結果としてはあまり良いものとは言えませんでした。数字で前学期と比較すると多少は良くなったものの、満足できるものだったと胸を張って言うことはできません。やはり会話で足を引きずっている部分があるようです。読み書きはある程度できるようになりましたが、まだ単語の曖昧さや文法の抜けが気になるので、重点的に詰めていきたいです。

最近は昔と比べてひとりで街に出ることが多くなりました。目的もなしにバスに揺られ山を下り、最寄りの駅で路線図を見ながらさてどこに行こうかと唸るのが最近の些細な楽しみです。前学期に友人と向かった淡水に久しぶりに行ってみました。この時期だと夕焼けがとても美しく、観光客も多い場所です。気ままに散歩をしたり、買い物をして過ごしました。

さて、留学に来てから自分自身の変化について考えることが多くなりました。語学の上達度ももちろんですが、留学生活で得た価値観や文化、習慣の違い、それらを総じてどのように自分の意見に変換し、自身の人生観に繋げられるか。これは私の留学の大きな目標でもあります。たかが1年の海外移住で分かることなどほんの一握りかもしれませんが、それでもその1年を自分の価値観として最大限に結び付けられるようにしたいと考えています。あと1か月も経てば新年が待っています。たかが1か月、されど1か月。数えるほどしか残っていませんが、何か自分の中で答えを見つけられるようにしたいです。