留学・研修現地レポート Report from Overseas

韓国での初めての夏休み

Jul . 2019

7月となり本格的な暑さになった釜山ですが、日本よりもジメジメしておらず今の所は心地よく過ごせています。

私の通っている学校は現在夏休みのため、何もすることがなく友達と遊ぶ日々を過ごしています。韓国人の友達や日本人留学生と映画を観に行ったり、ご飯を食べに行ったり、日本から来た友達と遊んだりしながら過ごしていました。

6月の中旬から始まった夏休みは8月の末まで続くため、1ヶ月は韓国、残りの一ヶ月は日本に帰ることにしました。そのため荷物の整理を行っていたのですが、ダンボール2つ分しか寮に置くことができなかったため、入らず捨てなければならないものも多く、荷物の整理に苦戦しました。しかしルームメイトの子も同じ日に寮を出ることになったので、一緒に協力しながら荷物の整理を行い、なんとかダンボール2つにまとめ退寮をすることができました。そして日本に帰ってすぐホームステイの受け入れを頼まれていたので、韓国人一人を私の家に招き、2泊3日のホームステイを行いました。日本に帰ってまでも韓国人の方と交流することができ、さらに私の家族とも仲良くなってくれたことがすごく嬉しく、今回もホームステイを受け入れてよかったと思いました。そして無事にホームステイを終えた後、一人でソウルに旅行に行き、ソウルに筑紫女学園大学から留学している友達に会いに行ってきました。久しぶりに会い、お互いの留学生活について話したりして、もっと自分も頑張らないといけないと実感することができました。残り半年の留学生活をいいものにできるように努力していきたいと思います。

さらに韓国で初めて演劇を見に行ったのですが、観客と出演者が交流できるような演劇をしていたので、すごく面白かったです。今回で演劇の魅力に惹かれ、また演劇を見に行く機会があれば是非見に行きたいと思います。

夏休みの今、授業がないからといって遊ぶばかりではなく、韓国語の勉強に力を入れたいと思います。そしてさらに家族との時間も大事にしたいと思います。