お知らせ News

公開講座「ガムラン・ワークショップ~音楽によるともいき~」②を開催しました【生涯学習センター】

 6月20日(日)、本学 飛翔会館3階スクヮヴァティーホールにおいて、公開講座「ガムラン・ワークショップ~音楽によるともいき~」(第2回)が開催されました。
 講師はアジア文化学科 准教授 田村史子先生です。ガムラン部の学生たちが指導の補助をしました。
 本講座は初心者コースとプラティウィがあり、それぞれ全3回開催されます。午前に開催される初心者コースは、各回完結になっており、初めての方や小さな子ども、初心者コースのリピーターの方、などさまざまな方が参加されています。
 ガムランはインドネシアのジャワから伝わった合奏音楽で、その楽器は青銅で作られており、クノン、クト、ゴング、サロン、などがあります。本講座ではガムランの演奏を聴くだけでなく、実際に楽器を自分たちで演奏をしながら、音楽の魅力を感じ、演奏する楽しさを体験していきます。
 講座ではまずサロンという楽器の演奏の仕方を学び、それから、先生やガムラン部の方々に指導していたたきながら、ガムランの基本的な曲を練習しました。練習の後には受講者全員で合わせて演奏をしました。いくつかの楽器を体験し、受講者同士交流を行ないながら、楽しく演奏をしました。
 私も受講者の一人としてガムランの演奏を体験させていただきました。ガムランは西洋のオーケストラにおけるような指揮者はいず、演奏の出だしやテンポを周りの音を聴くことで合わせていくので、受講者の方々と一体になっているのを感じることができました。またガムランの音色はやさしく、心が和やかになると感じました。
                  (報告/発達臨床心理学科4年 入江愛美)
次回は、7月18日(日)に開催いたします。
●公開講座の詳細・受講申込みはこちら
http://www.chikushi-u.ac.jp/campaign/lecture/index.html