お知らせ News

本学園中学校生徒約750名が本願寺展へ

10月30日(火)、本学園中学校生徒約750名が九州国立博物館で「本願寺展-親鸞と仏教伝来の道」を鑑賞しました。
生徒たちはバスに乗り学年ごとに警固キャンパスを出発、次々に九州国立博物館に到着しました。秋の観光シーズンでもあり、当日の九州国立博物館には、午前中から福岡県内はもとより九州各地から数多くの方々が訪れ、大きな賑わいを見せていました。
本学園は仏教、特に浄土真宗の教えを建学の精神としていますが、今回の特別展では、浄土真宗の開祖である親鸞聖人や歴代門主ゆかりの文化遺産が数多く展示されています。生徒たちは普段なかなか触れることのできない本願寺所蔵の典籍類や美術品などを興味深そうに鑑賞していました。
本願寺展は開催中に数回展示替えを行っており、10月23日(火)からは、親鸞聖人の肖像画である「熊皮御影」(重要文化財)や、障壁画(ふすま絵)『松藤図』(重要文化財)などが新しく展示されています。11月18日(日)まで開催しておりますので、皆さんのご来館をお待ち申し上げています。
本願寺展の詳細はこちらをご覧下さい。