各学科からのお知らせ News from Departments

「学生による旅行企画コンテスト」で優秀賞を受賞しました!

さる10月27日に福岡市役所講堂にて開催された「学生による旅行企画コンテスト」(JATA九州支部/福岡空港利活用推進協議会 共催)におきまして、現代社会学科2年生の3名(田村優光さん、堤まなみさん、松原ほなみさん)による企画「佐賀×フランス」が優秀賞に選ばれました。最優秀賞に次いでの2位受賞で、観光学科等以外からの参加としては快挙と言えます。

企画プレゼンの概要は以下の通りです:「九州は主にアジア圏からの観光客が多く、滞在日数も限られている。一方で、欧州からの観光客はまだまだ少ないが、長期休暇を取得できることから長期滞在を期待できる。そこでターゲットを欧州とし、さらにフランスに焦点を当てた。また、滞在先を佐賀とした。その理由としては今年9月が日仏通商条約締結から160年という記念すべき時期であり、九州観光推進機構も欧州をターゲットとしているためである。佐賀を滞在先として選んだ理由は、日本酒に関心のある欧州の観光客のニーズを満たすと共に、日本文化を五感で体験できるようなスポットが詰まっているからだ。観光地がコンパクトにまとまっているため、長期滞在しながらも観光を楽しめる」

3学生によると「企画プレゼンはかなり緊張しました」との事でしたが、事前にしっかり案を練った上で、3学生が受講している観光系科目をお教えになっているベテランの先生にご指導いただき、そのご指導を確実に自分たちのものとした結果が実を結んだものと思われます。

企画案作成時には「観光局のデータから、多くの外国人が日本文化に興味を持って訪日していることが分かりました。初めは大分県・熊本県を中心に日本酒をはじめとする日本文化を体験するコース案も浮上しましたが、調べていくうちに佐賀県を訪れる外国人が大幅に増加していることが分かってきました。佐賀には日本酒を中心とする日本文化が集積しており欧州からの外国人も多かったため、佐賀県をベースに旅行企画案を提案することにしました」といったエピソードもあったようです。

普段の授業が課外活動に結びついた3学生の快挙に続く学生が今後どしどし出てくることを願っています。