筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

静宜大学(台湾)

塚原 涼佳 さん (アジア文化学科)

神埼高等学校(佐賀)

気がつけば11月
Nov . 2017
11月に入り肌寒い日が続いています。10月半ばから急に肌寒くなり始め朝晩は20度以下になっています。最近では半袖Tシャツの上に1枚羽織るものを用意して授業に行っています。また、台湾にはエアコン暖房がないので寮では服を重ね着するしかありません。冷え性の私には辛い季節です。

 つい先日、私の部屋の外にあるクーラーの室外機と窓の間にハトが倒れていました。ルームメイトがそれを見つけ「ハトが死んでいる」と言ってきて、翌日寮の事務の方で対処してもらうことになりました。そして翌日、掃除のおばちゃんが私たちの部屋に来てハトを見ると死んでいたのではなく、卵を産んでいたのです。2つ卵を産んでおり、掃除のおばちゃんはそれを持って行ってしまいました。おばちゃんは親のハトが探しに来るだろうけど、ハトは菌がたくさんあるから窓は開けない方がいいと言っていました。今、季節の変わり目である台湾は風邪を引いている人が多いです。なので、窓を開けて部屋の換気ができないのは正直辛いです。なので、体調管理をしっかり気を付けながら生活しています。

 TOCFLを受験しました。TOCFLとはHSKのようなもので台湾政府が認定している中国語の検定です。TOCFLは、あまり知られていないようで私も台湾に来て初めて知りました。前学期もあったのですが、台湾に来て間もない時だったので受験しませんでした。日本では実施している所が少ないので台湾で受験することを決めました。リスニングがすごく難しかったので今後の課題にしていきたいです。
最近、1年留学と半年では本当に経験できる量が違うということをひしひしと感じます。残り少ない留学生活ですが、悔いの残らないように全うしたいです。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る