筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

カナダ / クイーンズ大学

An. I さん (英語学科 )

光陵高等学校(福岡)

ベストを尽くして・・・
Jul . 2010
蒸し暑い気候が続くこともなく、25度前後の過ごす易い日々が続き、時には肌寒く感じる時もありました。
授業では、普段通りグループに分かれて問題を解いていったり、アカデミックな質問についての意見の交換などをしたりと、英語を学ぶというよりは、英語を一つのツールとして使って自分たちの考えを表現していきました。毎学期同様、セッションの終盤に最終エッセイがあるため、ほぼ毎日クラスメートとの話題はエッセイについてでした。学校が終わっては図書館へ行き、それぞれのエッセイを進めたり、それに必要な書物を探したりなど、みんな最善を尽くす事に必死でエッセイに取り組んでいました。また、エッセイ終了後も一人ひとり何について作業してきたのか、又何を訴えたいのかという事で、エッセイについてのプレゼンテーションをして、情報交換を行いました。プレゼンテーションでは、毎回の事クラスメートみんなの英語力やプレゼンテーションの構成等が上達していくのを実感し、最終プレゼンテーションでは、クラスメート全員がそれぞれのベストを尽くせていたと思います。
7月1日はカナダデーといって、カナダの建国記念の日であります。町は、国旗の象徴でもある赤と白を貴重にしたデコレーションや洋服を着て祝福をしていました。夜には花火が打ち上げられ、大いに賑わいました。また、今月はホストマザーの誕生日があったので、みんなでパーティを開き楽しいひと時を過ごしました。毎回スクールオブイングリッシュで行われているアクティビティーで、バライアティーナイトという、生徒それぞれの特技を披露する機会がありました。私のクラスメートがバイオリンを弾けるという事で、私はピアノを演奏し、その友達とバイオリンとピアノのデュエットをしました。その他に、ビーチパーティというアクティビティーに参加し、ビーチに行きました。私たちが訪れたビーチはとても広く、多くの人々が訪れていました。
今まで約1年間カナダで過ごしてきて、たくさんの友達が出来、たくさんの良き思い出ができました。残りのカナダ生活も充実できるように日々楽しみたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る