筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

赤池 夕佳 さん (アジア文化学科)

東筑紫学園高等学校(福岡)

旅行しました
Jul . 2017
夏休みに入り、友達と3人で大連と長白山を旅行しました。
 
 長白山(白頭山)は中国と北朝鮮の国境線にある休火山です。私は2年次に“アジア経済論”を受講してこの山の存在を知りました。私はこの山に行けることを知らなかったのですが、友達が提案してくれた旅行プランによって行けることを知りました。私たちは山頂の天地というカルデラ湖を観光しました。6月初旬に行ったのですが山頂付近にはまだ雪が残っており、天地も凍っていました。とても大きく綺麗でした。また山頂から来た道を見ると大自然が広がっておりとても綺麗でした。中国人の友達や先生に「そこに行ったら卵を食べるといいよ。とてもおいしいよ」と言われました。なので、卵を食べました。1442段の階段を上り下りした後であり、寒さによって体の感覚がおかしくなっていたのですが、おいしかったです。

 今回の旅行で初めて寝台列車に乗りました。大連駅から松江河駅まで片道17時間の旅でした。一番安い硬臥で三段ベッドがずらっと並んでいます。17時間はとっても長いのですが、トランプしたり、おしゃべりしたり、ご飯食べたり、寝たり、貴重な体験をしました。車窓からみる景色は吉林省に近づくにつれて田舎の景色に変わっていきました。天津や大連は都会で高いビルがたくさん並んでいます。それに対して、車窓から見た景色と長白山に行く途中にみた街の景色は昔イメージしていた中国のようで新鮮でした。今回の旅行では中国の都会と農村の差を目で実感することができました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る