筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

静宜大学(台湾)

塚原 涼佳 さん (アジア文化学科)

神埼高等学校(佐賀)

本格的に授業が始まりました
Apr . 2017
 3月に入り中国語の授業が始まりました。毎日朝8時10分から1限目が始まります。筑女より授業が1時間早く始まるので驚いたのですが、私の住んでいる寮は学校の敷地内にあるので、日本にいたときよりもゆっくり寝ることができています。1限目の中国語の授業はSpeakingを重点的にしていて、2人ペアになって音読をしたり、文章を考えたりしています。1限目の授業はいろいろな国の人がいて、まだ中国語でお互いにきちんとした会話ができないので英語を使うのですが、私は英語が苦手なのでコミュニケーションをとるのにすごく苦労しています。また、この授業のでは課題を提出する際にノートを先生に提出するのではなく、自分で作った文章の課題を携帯電話で写真を撮って、提出先のサイトに貼り付けます。すると数時間後にまたそのサイトを開くと先生が文章を添削してくれています。自分が作った文章が合っているかすぐ確認ができるのですごくいい方法だなと感心しました。
 2限目の中国語の授業は文法を重点的にしており、その文法を使って文章をグループやペアになって考えて作るということをしています。やはりグループ活動やペアでの文章作成は自分の意見を相手に伝えることが難しく、相手の意見を理解することも言葉が通じないので難しいです。ですが、そのような場面になるたびに早く中国語で自分の思いを伝えられるようにならないといけないなと感じます。

 IFB活動という留学生対象の活動で高美湿地に韓国人のルームメイトと行ってきました。高美湿地は台湾のウユニ塩湖と呼ばれており天気がいい日には水面に空が鏡のように映りとても綺麗だそうです。私が行った日は曇りだったので見れませんでしたが、とっても広い湿地で風が気持ちよく開放的な気持ちになれました。湿地の中は水が少なく綺麗で土も足に付くということはなくとても触り心地が良かったです。そのあとは、台湾料理を食べに行きました。台湾に来て1ヵ月、初めて臭豆腐を食べました。ルームメイトが「ただの豆腐だよ。おいしいよ。」と言うので一口もらったら臭豆腐でした。完全にハメられました。ですが台湾に来たからには1度は食べてみたいと思っていたので、私が避けていることを知って騙してくれたルームメイトに感謝です。おかげで楽しい思い出になりました。

 月末には411(スーイイ)という留学を考えている台湾人学生に向けて、私たち外国人留学生が自分の国の大学を紹介するというイベントがありました。たくさんの学生がこのイベントに参加していて、私が驚いたのは日本語学科の生徒ではない学生がたくさん質問に来たことでした。その中には日本に興味を持ち独学で日本語を学び日常会話ができる程の生徒もいました。私はこのイベントを通して台湾人学生の学ぶことに対する意欲は素晴らしいと感じました。
4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る