筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

カナダ / クイーンズ大学

Ha. S さん (英語学科 )

筑紫女学園高等学校(福岡)

日本の文化を紹介!
Mar . 2010
 カナダに来てからまだ3ヵ月ほどしか経っていない感覚ですが、気が付けばこの報告書を書くのも7度目です。毎日あっという間に時間が過ぎているので少し焦りを感じています。朝起きるのが憂鬱なくらい寒い日が続いていましたが、雪が積もっている風景ももう見る事が出来なくなってしまいました。最近は日向ぼっこをしたくなるようなポカポカのいい天気です。
 この間は学校の行事の一環とてQuebec City に旅行しました。カナダ人さえも“ヨーロパに来たみたい”と言うほど街並みはとても綺麗で古典的な建物が並んでいました。いつもはどこかに旅行する度に今私の滞在しているキングストンに早く帰りたいと思っていましたが、Quebec City はまた来たいと思いました。彼らはフランス語が第一言語なのでレストランに入った時などは少し戸惑いましたが、英語で話しかけたら丁寧に返してくれました。しかし、あまり現地の人と話せなかったので少し残念でした。私は筑女で第二言語としてフランス語を専攻しているのですが、学校に帰ったらもっと真面目に勉強しようと思いました。そして将来またカナダのフランス語圏の町を旅したいです。
 3月はFinal essay の提出があったのですが、日本でも経験した事のなかった正式的な形でエッセイを書かなければなりませんでした。英語で書かれた本やWebを調べてベネズエラで起こった自然災害についてまとめました。調べたものをそのままエッセイに書き写したいという葛藤に何度も見舞われましたが、友達と遅くまで図書館に残って励ましあいながらもなんとかエッセイを書きあげる事が出来ました。
 今のクラスは週に二回プレゼンテーションの授業があるのですが、日本人のグループを作って他国の人に日本の文化を紹介しなければなりませんでした。私たちのグループは相撲について紹介しました。相撲の大まかな事は分っていたつもりでしたがプレゼンテーションの準備を通して歴史や一つ一つの名前について細かい事をたくさん学ぶ事が出来ました。また、クラスメイトは最初、ほぼ裸の力士さんのビデオを見るのを少し戸惑っていましたが、ルールや儀式などについて詳しく説明しているうちに興味を持ってくれ、最後のほうでは相撲を彼自身楽しんでいました。日本の文化を理解してくれた感じだったのでとても新鮮な気持ちになりました。
 今セッションもあと一週間足らずで終了します。また長い休みが始まるのですが、私はリーディング力が弱いので色々な小説や記事を毎日読んで次のセッションはリーディング力の万全な状態でスタートを切りたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る