筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

中国文化大学(台湾)

清田 彩乃 さん (アジア文化学科)

立花高等学校(福岡)

台湾に来て一か月
Mar . 2017
 2月10日に台湾について1か月がたちます。
台湾と福岡の気温の違いはそんなになく、3月になった今でもコートが手放せない肌寒い日が続きます。また、中国文化大学は山の上のため、風が強いから毎日大変です。

台湾にきて1週間ほどたってから、授業が始まりました。
大学では筑紫女学園大学と同じように、自分の好きな授業を選ぶ事が出来ます。自分のレベルにあった授業を受ける事が出来るため、安心出来ます。
しかし、台湾は繁体字で、私たちが日本で勉強していた簡体字や、発音と違うため、毎回苦労しながら勉強しています。
留学生用の授業も全て中国語で行われるので、先生の話を聞き取る事に毎回必死で、話を理解することは、まだまだ難しいです。
 同じクラスには韓国人の留学生がとても多いです。その他にも欧米人の留学生がいます。周りの留学生の語学力のレベルが高く感じる事があります。

 また、寮での生活は一か月たった今でも戸惑う事が多いです。
私の部屋は6人部屋で、台湾人、香港人、マレーシア人、タイ人と皆、国籍が違うため、生活習慣が違う事もあり毎日新しい発見があって、とても面白いです。
ルームメイトは留学生ではなく本科生なので、私以外は中国語がペラペラだけど、私に分かりやすくゆっくり話してくれます。日本に対して興味を持っている子たちだったので、皆優しく安心しました。
毎日話しかけてくれて、中国語を教えてくれたり、ご飯や遊びに誘ってくれたりします。
 台湾は外食文化なので、朝昼晩、毎回何を食べようか困ります。
私は実家暮らしだったので、食事や洗濯など家事を自分でやる事に慣れない事ばかりです。母の手料理が恋しくなる事もありますが、最近はやっと慣れてきました。

 台湾人の友達が頻繁に遊びに連れて行ってくれて、美味しい食べ物など、教えてくれます。二月の末に連休があったので、台北市で一番高い七星山に登ったり、牛がいる牧場に行ったり、バスで一時間かけて宜蘭に行ったりと、日本では積極的に動く事をしなかったけど、台湾にきて、色んな事にチャレンジしてみようと思うようになりました。
台湾での生活はまだ慣れないけど、ホームシックにかかる事なく、新しい発見ばかりで、毎日楽しく忙しく生活しています。
不安ばかりのスタートで、これからは、楽しい事ばかりではなく、辛いことも沢山あると思うけど、自分のペースで語学力も台湾での生活も慣れていこうと思いました。周りの留学生に負けないように充実した一年間にしようと、改めて思いました。
 
 
5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る