筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

渋谷 優花 さん (アジア文化学科)

八幡南高校(福岡)

留学生活も残り1ヶ月
Dec . 2016
気がつくと12月に入り、私の留学生活も残すところ1ヶ月となりました。寒くて朝は起きるのが大変で、授業を欠席する人が多いですが、私は皆勤を目指して頑張っています。部屋から外を眺め、その日の空気汚染を確認するのが日課です。

 11月は中間考査がありました。スピーキングテストは二人でペアになってのテストだったので、相手に迷惑をかけないか心配でしたが、テストの時は二人ともアドリブで普段通りリッラックスして会話ができ良かったです。筆記テストでは、普段ピンインを書くことが無いので結構間違ってしまいました。中国語を話す中で、しっかりした発音を意識しないといけないなと思いました。授業では、本当に日本について質問されることが多く、自然と発表する機会が増えます。私は日本の事でも曖昧なことが多々あり、急いでネットで調べているので、恥ずかしいです。この前、日本の温水洗浄便座について話すと、皆の反応が凄く、面白かったです。この便座が当たり前なのは日本だけで、皆は全く想像もつかないようだったので、ぜひ日本に来て体験してもらいたいです。このように普段から人前で話すことが多いので、人見知りの私ですが、すっかり緊張せずに話すことが出来るようになりました。世界事情がたくさん知れて、毎回の授業が楽しい分、残り僅かと考えると名残惜しいです。

 生活面では寒いし空気も悪いので、外卖(出前)と淘宝(ネットショッピング)をよく利用しています。この2つは日本よりも遥かに発達していて、とても便利です。外に出なくて、何でも揃うので引きこもりにならないように気をつける必要があります。 中国の映画館で「君の名は」を観ました。中国でも日本のアニメやドラマは大変人気があり、私が見た日はほぼ満席でした。そして、日本では考えられないくらい皆笑っていて、評判良が良かったので、嬉しい気持ちになりました。日本の映画でも、字幕や周りの人の反応から学ぶことが出来る事が分かりました。

 天津に来て9ヶ月が経ち、いよいよ帰国の日が近づいています。「帰りたくない〜」と毎日言っている程、充実した生活で1日1日が一瞬のように過ぎていきます。帰国後の進路の事も考えながら、最後まで皆とたくさんの思い出を作りたいです。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る