筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

小原 依子 さん (アジア文化学科)

九州産業大学付属九州高校(福岡)

あっという間に終わってしまった留学生活
Aug . 2016
先日語学堂の修了式が行われ、遂に韓国での勉強生活が終わってしまいました。凄く名残惜しいことがたくさんあって、まだ東亜大学、東亜大学の語学堂で勉強したい気持ちでいっぱいです。来た当初は、半年は考えていたより長いのではないかと思っていましたが、いざ終わってみると、やはり半年はあっという間でした。韓国語を勉強しに韓国へやって来たのですが、韓国語はもちろん、英語や中国語の重要性も感じた半年間でした。完璧に韓国語を理解して、意思疎通できるわけではないので、帰国してからもまだまだ課題はたくさんあります。自分が半年間でどれほど成長したのか、よくわからないのが正直な今の感想です。自分でも明らかに前よりも成長したのか分かるのは、聞き取りの力と積極性と行動力です。他にも成長した部分があるのか気になるので、帰国してからの生活も密かに楽しみにしています。

 東亜大学の学生や東亜大学以外の学生と交流できたのでは、とてもいい機会でした。学校が終わってからも時間が合えば、いろんな学生と映画を見に行ったり、博物館へ行ってみたり、買い物したり、美味しいものを食べたりと充実した生活を送れていると思います。日本人同士ではありますが、釜山から一緒にソウル旅行へも行きました。今までのソウル旅行で行けなかった場所に行って、ソウルの伝統を感じてみたり、夜景を楽しんだりと楽しく過ごしました。釜山ではなく、ソウルやカンウォンドに留学している友達とも合流して、お互い留学しているからこそ、感じる話をして楽しかったです。人生で初めてチムチルバンへも行って泊まるという経験もしました。いい経験をしたと思います。釜山では、脱出カフェに行きました。韓国語を読んで理解することは大変でしたが、とても楽しかったです。韓国では、スターバックスの17周年アニバーサリーとして3日間半額のイベントもあって、半額でスタバを飲めたのは嬉しかったです。韓国はカフェが多いからか、違うお店ですが開店記念でも半額サービスをしていて、とてもありがたいイベントでした。

 帰国するまで残り少ない日程ですが、たくさん遊ぶ予定があるので、新しいことに積極的に参加して、おもいっきり楽しむことを目標に、帰国までにさらに経験を増やしたいと思います。交換留学生としての留学生活は終わりますが、機会があれば、ぜひ個人的に留学をしてみたいと思うほど、留学生活が楽しかったです。本当に機会がさえあれば、短期などでまた行きたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る