筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

杉井 奈央 さん (アジア文化学科)

香住丘高校(福岡)

夏休みも半分以上終わりました
Aug . 2016
残り3週間となった仁川大学の夏休みですが、少しした旅行に行ってきました。友人のおばあさまのお墓のお手入れと、来月一周忌を迎えるということでおばあさまのおうちを大掃除してきました。今回私が行ったのは光州(クァンジュ)という地域の近くです。この光州(クァンジュ)は韓国の五大都市のひとつで韓国の下のあたりにあり、ソウルからは高速道路にのって4時間ほどの場所にあります。市内ではないのですがそこから近いところにおばあさんの住まれたおうちがありました。日本の田舎とは少し違い、田んぼに大きな違いはないもののお墓に大きな違いがありました。お墓があるのは大体場所が決まっていて、日本は火葬が多いですが、韓国では昔から田舎などでは土葬をしてきたようです。それもアメリカなどでよく見るようなものではなく、野原のような広い土地にぽこっと半球隊のように盛り上がったようなお墓となっています。お墓は草でおおわれているのでこまめな手入れが必要とされるようです。また建物についてですが、ほとんどのおうちが一階建てで少しこじんまりとしたものが多かった気がします。

 大掃除を終え、そこから車で二時間ほどの麗水にも行きました。2012年には海をテーマとした海洋万博(麗水EXPO)が開催された場所でKTXという日本でいう新幹線のような列車でも行くことが可能です。過去には朝鮮出兵した豊臣秀吉の軍と、李舜臣(イ・スンシン)将軍率いる水軍が激突した地でもあり、当時使用されていた船の再現や李舜臣(イ・スンシン)将軍の像は観光スポットとして有名ではあります。一番麗水で心に残ったのは、梧桐島(オドンド)という島です。島ですが橋が架かっていて、徒歩10分くらいで行ける小さな島となっています。7月の韓国は福岡ほどの気温の高さではありませんが、30度を超える暑さで、この島の中は木や植物が多くとても涼やかで、家族やカップルで賑わっていました。中に入っていくと、海が目の前に見えるポイントが数か所あり、そこでお弁当を食べる方やしばらく座って涼んでいかれる方もいらっしゃり、多くの人に愛される島だなと感じました。またこの島の中ではゴミくずを一度も見なかった気がします。他にも麗水で有名なガッキムチというからし菜のキムチも食べたのですが辛くてくせになる味で、みなさんにも食べて頂きたいほどです。
 
夏休みは時間も多いので、自分の実力試しとさらに聞き取りのためにも、この夏から始まったテレビドラマや、友人と一緒にバラエティ番組などを見て、耳を鍛えることに力を入れています。個人的には単語力が前学期で他の留学生より欠けていると感じたので、毎日韓国語を使いながら日本語とはまた違った言い回しなども次の学期に向けて、日々身に着けていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る