筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

上海杉達学院(中国)

笠 小春 さん (アジア文化学科)

久留米高校(福岡)

漸く生活に慣れました
Apr . 2016
 こちらに来て漸く一か月が過ぎ、生活に慣れました。この一か月は早いようで長かったです。杭州へ旅行に出かけたり、水族館へ行ったり、買い物に出かけたり沢山のことを体験しました。初めは中国人の友達がいないとバスや地下鉄に乗ることはできなかったのに、今では日本人の子達だけで乗れるようになりました。

 授業は相変わらず難しくてついていくのは大変です。しかし、来た当初のように何も分からない、答えられず何も言わないことは少なくなりました。何とか答えよう話そうという姿勢が身についたと思います。ですが、やっぱりクラスで一番理解できていないのは私なので頑張らないといけないと思います。最近は生活に慣れてしまったせいか怠けてしまう時があるので気を引き締め直そうと思います。今はHSK4級合格を目指して頑張っていますが、授業で先生の話は理解できても日常会話はやっぱり速度が速い上、知らない単語ばかりなのでほぼわかりません。習った文法や単語が頭は浮かんでも言葉として出なかったり、話しかけても聞き取りが出来ないために会話が終わったりしてしまいます。私の課題は聞き取りが出来ないことと語彙が少ないことだと思うのでまずはそこを重点的に鍛えていきたいです。

 勉強以外で大変だなぁと感じることは、掃除洗濯です。一人部屋のため寮生活は一人暮らしと変わらないのですべて自分でやらないといけません。食事は今まで学食を利用していたのですが、友達が自炊をはじめ、日本食を久しぶりに食べて感動したので私も始めようと思っています。今まで実家で生活していたので自分ですべてをやることはとても大変なのだと改めて実感しました。改めて両親のありがたみを知り、感謝しました。

 先日、中国人の友たちの家に招待されてお邪魔しました。ちょうど授業で家庭に呼ばれた時の礼儀作法を習ったので、お礼として果物の盛り合わせを用意していきました。友達の家族はとても優しく受け入れてくれました。家庭料理を堪能した後は、街を散策したり、図書館や公園に行ったりしました。本だけでは分からない中国の生活を知ることができ、また観光目的では体験できない体験ができて本当に良かったです。本当に友達には感謝しています。

 言葉は難しく、わからないことばかりですが周りの人がみんな親切なので助けられています。初めは慣れなかった文化の違いや考え方にも慣れ、順応できるようになりました。初めはどうなるかと思っていましたが楽しい留学生活を送れています。それはやっぱり周りのみんなのおかげだと思います。勉強以外でもたくさんのことを学ぶことができて本当に留学に来てよかったです。また、中国の友達に良くしてもらう度に日本に帰ったら私も留学生に私が友達にしてもらった以上のことをやれるように頑張ろうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る