筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

武田 実沙子 さん (英語メディア学科)

久留米高等学校(福岡)

Activities in December!!
Jan . 2015
あけましておめでとうございます!シドニーの12月の気候は日本とは真逆で本格的に真夏になってきました。雪が少々恋しくもあります。しかし、そんな気温が30度を超える中でも12月はたくさん遊びました!

まず、2週間の休みに入る前に、プレゼンとレポートやライティングのテストをすべてクリアしました。プレゼンは二人一組になってdiscussionをします。私は韓国人の女の子と組むことになりました。選んだテーマは「ビデオゲームは少年たちにとって有益か」でした。英語で理論的にプレゼンをするのは私にとって初めてのことだったのもあって少々難しくもあり、緊張しましたが、このプレゼンを通して学ぶことが多かったので諦めずに取り組んだ甲斐がありました。

12月20日から約2週間のHolidayが始まりました。休暇の間はシティーに行ったり、オーストラリア人の友達の家で映画鑑賞したりと楽しんでいました。映画は毎回そのお友達が用意してくれます。私たちの見る映画はほとんどコメディー系が多いです。大体7人くらいの寮のお友達と皆で楽しく見ています。
このHoliday期間中、オーストラリアでは3大イベントがありました!私が楽しみにしていたChristmasとBoxing dayそしてNew Years dayです。
シドニーではクリスマスには町に大きなツリーが飾られ、夜になるとライトアップされて綺麗です。私は以前からサンタクロースがシドニーのビーチからやってくる姿を見たかったのですが、そのクリスマスの日は生憎の雨でした。なので、ビーチに行かずに寮でクリスマスパーティーをしました。友達皆でバレーボールをしたり、お友達の手料理を食べたり、夜には映画(home alone)を見たりして楽しい時間を過ごしました。
Boxing day は何かと言うと12月28日に行われるバーゲンで、日本でいう初売りのようなものです。ほとんどの衣類、家具、食品やアクセサリーが半額価格で手に入ります。私はブランドのバックを一つ購入しました。人気のあるお店には長蛇の列ができていて、人気のある商品はすぐに売り切れていました。町はどこも人でいっぱいでした。普段、物価の高いオーストラリアで、その日に安く商品が手に入って嬉しかったです。
そして、New Years day にはオペラハウスとハーバーブリッジから上がる花火をお友達と見ました。花火は夜の9時と12時に始まります。それぞれ大体10分間花火が上がります。オペラハウスのあるサーキュラーキーには大晦日のお昼前から’’場所取り’’をしている人でいっぱいでした。私もその日の夕方6時くらいから場所取りをしました。そこで、6時間待ち、12時からの花火を見ました。12時を回り、New Yearと同時に上がる花火は明るく、迫力があり綺麗でした。

2014年は留学生としてシドニーにきて、新しい生活、言葉の壁や文化の違いに戸惑いながらもそういった経験を通して貴重な体験ができました。2015年は親しくしていた近畿大学の学生や、淑徳大学の生徒さん、韓国の大学からきた学生さん達が2月に、そして、筑紫女学園大学の同じプログラムで一緒にシドニーに来た上村知美さんが3月に日本に帰ります。6ヶ月後になりますが、私も7月には日本に帰ります。新しく出会った人達と別れてしまうのは寂しいですが、新しい出会いがありますように。そして、充実した日々を残りの6ヶ月で送れるようにしたいと思います。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る