筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

村本 佳奈 さん (英語学科 )

鎮西学院高等学校(長崎)

イベント事が多かった10月
Nov . 2014
10月に入りカナダは段々と寒い日が続き冬が始まろうとしています。
学校に慣れることに必死で忙しい毎日を送った9月とは比べて、10月はイベント事が多くとても充実した一か月でした。
10月中旬にはThanks givingという祝日がありました。Thanks givingとは家族、友達、動物や植物などに限らず地球上の全てのものに感謝をする日という意味があります。当日の月曜日は学校もなく三連休だっため、土曜日はホストマザーの知り合いの別荘で食事をしました。この別荘は森の中にありとても自然豊かな場所で気持ちが落ち着き、食事はもちろん現地の人との会話も弾み楽しい時間でした。息子さんが日本人の女性と結婚されていて日本で教師をされているという方もいて、日本の教育や文化について話す機会もありました。食事の後にはキャンプファイアをしながら手作りのデザートやマシュマロを焼いてクッキーにチョコレートと一緒に挟んで食べました。これはカナダの伝統でキャンプファイアをするときは必ず食べるらしいです。日曜日にはホストマザーの実家にも一日お邪魔しました。家の目の前には湖が広がっており食事の前に家族みんなでボートに乗ったりして楽しい時間を過ごしました。私は三人乗りのボートに人生で初めて乗ったのですが自然を感じながら気持ちもリフレッシュされとても良い経験ができましたと思います。
今月はSchool trip, Break week を利用してNiagara Falls, Toronto, Montrealに旅行しました。Niagara Fallsは自然豊かな場所にあるのではなく、意外にも町の中に存在していたので驚きました。ボートに乗って滝の近くまで行くことが出来たのですが、町の方から見るのとはまた違ってとても迫力があり感動しました。Torontoは私が住んでいるKingstonとは建物も人の多さも全く違い久しぶりに都会に出かけた気がします。有名なタワーに上ったりショッピングもできたのでよかったです。Break Weekに行ったMontrealはフランス語圏というのもあり現地の人はもちろん店員さんまでもがフランス語を話していて最初はなかなか慣れずにいましたが、道を尋ねた時には親切に教えてくれる現地の方がとても多く人の温かさを感じました。Montrealの街並みはヨーロッパの街並みに似ていてまるで違う国に来たかのような感じでした。
ハロウィンには友達と一緒に仮装をして近所の家を回りTrick or Treatに挑戦しました。日本ではなかなかこのようなことをする機会がなく私は今回が初めての経験でしたが、かごに入りきれないくらいのお菓子をもらったので学校のクラスメイトにも配りハロウィンを共有しました。ハロウィンの日がBreak Weekと重なっていたため学校でのイベントなどはなかったことが少し残念でしたがこれからのイベントも沢山残っているので楽しみで仕方ありません。
今月初めにはJapanese Programに参加し、Queensで日本語を勉強している学生の方と交流する機会がありました。日本の文化や流行っているものについて、カナダの食文化についてお互いの情報を共有しました。Queensの学生と交流する機会が普段はあまりないのでこのようなprogramを通して現地の学生との輪を広げていきたいと思っています。
1 | 2 | 3
トップページへ戻る