筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

大町 あずさ さん (英語学科 )

福岡県立香住丘高校(福岡)

あっという間で濃かった私のカナダでの7か月
Mar . 2014
カナダも春が近づいてきて、暖かい日がでてきました。このレポートもとうとう私にとって最後になってしまいました。本当に信じられないくらい早かったですが、自分の人生においてプラスになる経験ができました。3月もたくさんのイベントに参加することができました。私の誕生日パーティーから始まり、特に3月は今まででとてもはやかったように感じます。3月11日、東北地方太平洋沖地震のためのミュージックライブがありました。私の友達が演奏することもあってこのイベントに参加しました。私の日本人の友達がこのイベントを立ち上げたのですが、大学の生徒が聞きにきていたので、日本人としてとてもうれしく感じました。そして3月17日は、St. Patrick’s day でした。Irishでのカトリックの祝日で、みんな全身緑の服やコスチュームをきて緑のビールを飲みながらお祝いをします。私も放課後に友達とお祝いをしました。日本では、知られていない祝日なので、カナダならではの経験ができました。町中が緑一色だったので、少し奇妙でしたがそれはそれで楽しかったです。私にとってもっとも大きなイベントが、所属しているダンスクラブの発表会でした。発表会は、3日間にわたり行われ、平日と週末だったので、学校との両立で、少し大変でしたが、とてもよい時間を過ごすことができました。今回の発表会は今までの集大成でもあり、大いに盛り上がりました。今回は、クラスを変えたのですが、前回よりも積極的に参加することができました。友達もたくさんでき、とてもいい出会いを持つことができました。発表会では、ホストマザー、グランドマザーや友達、先生がみに来てくれました。自分のクラスでは良いポジションが取れたので、ダンスの面でも自信を持つことができました。週に一回のクラスは、終わったのですが、週に何回かジャンル別のワークッショプが行われているので、参加する予定です。3月の末にはEast celebration dinnerに参加しました。多くのinternational studentが集まり、Easterのことを学びながら新しい友達もできました。他の生徒と話したことで、自分にとっていい刺激になりました。このイベントで出会った友達と先週レイザーゲームをしにいきました。サバイバルゲームのようなゲームで今までにないくらい楽しむことができました。一つの出会いが次の出会いにつながり、カナダでは特に出会いの大切さに気付かされました。自分から動くことで、こんなにも道が開けるのだということも学びました。学校では、週に一回テストがあるのですが、ほとんどのテストで、クラストップをとることができました。今は最終成績を受け取るのが楽しみです。残り少ないカナダの生活ですが、毎日を大切に送り、気持ちよく日本に帰りたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る