筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

坂井 優香 さん (英語学科 )

筑紫女学園高等学校(福岡)

3月は勉強に力を入れられた月でした!
Mar . 2013
3月になってから、薄着では少し肌寒く感じる日が増えてきました。それでもまだまだ汗をかくくらい暑い日もあります。日によって洋服を選ばなければならないし、体調管理をしっかりとしなければなりません。これからは、少しずつ寒くなってくるのでそろそろ秋冬物の洋服も準備しなければならないかなと考えているところです。最近は大学と語学学校の両方に通っていて、なかなかゆっくりと買い物に行けてないので、冷え込みが激しくなる前に時間が取れれば良いなと思います。
 3月は大学のTutrialが始まり、週に2回(Lecture:1回,Tutrial:1回)大学に通っています。もちろん語学学校の方も欠席をするわけにはいかないので、大学に行く日は少し慌ただしいです。また、Tutrialでは毎週宿題が出されるので、語学大学の課題と両立するために、毎週勉強計画を立てなければなりません。特に3月は、語学大学の課題がたくさんありました。 Seminar, Report, Mid-term ExamそしてLiterature Reviewと週に1つの割合で課題が出されたため、3月は勉強に力を入れられた月だったと思います。今のコースでは、雑誌の記事を読んでその評論をしたり、アンケートを自分たちで作り実施し、その結果を分析するというような、とても学問的な内容をしています。どの課題においても、ただ授業で習ったことに従って同じことを繰り返すのではなく、自分で考えることが大切です。自分の考えを上手く英語で表現するのも私にとっては良い練習になりました。語学大学の今のコースは4月の中旬に終わります。それまで他の課題もあるし、Final Examもあります。また、大学のMid-semester Examもあるので、4月も引き続き気が抜けません。
 3月は今まで以上に忙しかったにもかかわらず、友達の家に外泊したり海に行ったりしました。大切な課題が終わってから、タイの友達の家で夕食を一緒に食べました。その子はアメリカ人の彼氏と一緒に住んでいるので、もちろんコミュニケーションは英語でとります。私もその日はたくさん英語で会話できて、良い練習になりました。友達も彼氏もとても良い方で、また来てねと言ってくれたので、近いうちにまたお邪魔する予定です。そして、今月はオーストラリアに来てから初めてボンダイビーチに行きました。今年の夏は3回も海に行って、肌が真っ黒にやけてしまいましたが、これも思い出の一つかなとポジティブに考えています。
 ホストファミリーとも相変わらず楽しく過ごせています。3月23日は私の誕生日だったので、一緒に住んでいる留学生がケーキを買ってきてお祝いしてくれました。オーストラリアでは21歳は特別な年齢なんだと、ホストファザーが教えてくれました。日本では21歳の誕生日は特に特別な意味があるわけでもないので、オーストラリアに居て得した気分になりました。また、3月の終わりから4月1日にかけて、4連休だったのですが、その連休中にお客さん(昔ステイしていた方達やホストマザーの親戚)を迎えてみんなで夕食を食べました。楽しい時間を過ごせて良かったです。この連休中にはEaster showという、簡単に言えばお祭りのようなものがあっていたので、一緒に住んでいる留学生の子たちと行ってきました。私以外にステイしている子は3人居て、そのうちの一人は同じ語学大学に通っていますが、今まで一緒に出掛けたことはありませんでした。だから4人で出掛けられて嬉しかったです。また機会があれば、一緒に出掛けられたら良いなと思います。
 オーストラリアにいらる時間も少なくなってきました。最近は忙しいけれど、勉強だけじゃなくて、ここでしか感じられないことを大いに感じたいと思います。来月も私らしく過ごせたら良いなと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る