筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

東島 あかね さん (アジア文化学科)

筑紫女学園高等学校(福岡)

国際色豊かな留学生活!
Mar . 2013
北京に来て1か月が経ちました。来たばかりのころは雪が降ってとても寒かったのですが、今は日本とそれほど変わらない天気です。大気汚染にはまだ気を付けていますが、青空が綺麗な気持ちのよい日もあります。
私は北京に来て5日目に風邪を引いて、きつくてどうしようかと思いましたが大学の近くの日本語対応の病院で診察してもらえたので、ほっとしました。保健室のような雰囲気で居心地がよく、受付の方もとても親切です。安心して生活ができています。
 ルームメイトはインドネシア人になりました。彼女は本科の4年生で学校生活のベテランなので、いろいろなことを教えてもらっています。お互いの国のこともよく話します。この前はカラオケに行き、一緒に日本の歌を歌いました。とても優しくて愉快な人です。
 私のクラスは、とても国際色豊かです。ロシア、アメリカ、メキシコ、カザフスタン、イタリア、イギリスなど様々でとても面白いです。日本人は私ひとりで、日本を見つめなおす機会も多いです。金曜日は実用中国語の授業で、PowerPointを使って自分の国の文化を発表する課題が出ます。私は雛祭りについて発表しました。あまり上手く発表出来なくて落ち込んだのですが、先生が面白い発表だったと言って下さったので、少し安心しました。
 授業は進むスピードがとても速く、予習復習が大変です。最初は先生の話す中国語についていけず、苦労しましたが今は大分慣れました。午前中に授業が終わるので、火曜日の午後は「中国書道と絵画」の授業を取りました。先生がとても陽気な人で面白く、気分転換の時間になっています。言語だけでなく、中国の芸術も積極的に学びたいです。
 初めは一人で行動することが怖かったのですが、今は一人で買い物や食事に行けるようになりました。3月は学校生活に慣れることに精いっぱいで、学校から離れることがあまりなかったので、4月は北京の観光名所に積極的に足を運ぼうと計画しています。学校行事として万里の長城見学や、ルームメイトと798芸術区に行く予定もあります。とても楽しみです。4月には中間試験もあるので不安もありますが、留学生活を満喫したいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る