筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

角熊 理歩 さん (英語学科 )

福岡女子商業高等学校(福岡)

英語を学ぶのにはとてもいい環境です。
Feb . 2013
夏のような暑さはなくなり秋へ入ろうとしていなすが、やはり昼時は日差しが強く、歩いていると汗をかきます。

2月はとても忙しい月でした。EAP2をパスしEAP5(旧EAP3)に上がりました。日本人は私だけで英語を学ぶのにはとてもいい環境です。クラスメートもイラク・レバノン・トルコ・中国・台湾・ベトナム・インド・スイスと国際的でとても楽しいです。しかし、EAP5はレベルが一番上なだけにあって、授業がとても難しいです。日本の大学とオーストラリアの大学の違いが分かります。オーストラリアではResearch reportやCount Argument essayなどを書くのでその練習をしています。日本ではやったことがないのでとても難しく、Academicでやりがいがあります。Week3〜4はresearch reportを含めseminar期間なのでほとんどのクラスメートはセミナーとレポートを両方しないといけないので、みんな切羽詰っています。私も、金曜日にセミナーをしないといけなくてその日はresearch reportの締切日なので、今週は4時間睡眠で頑張っています。私にとっては過酷です。

日本語を学びたいという学生と対面しました。同じカレッジで学んでいる地元の学生で約11か月神戸のほうで日本語を勉強していて、昨年の12月に日本から戻ってきたばかりだそうです。その学生の住んでいる地域が神戸のある都市と姉妹都市で交換プログラムを利用して日本へ行ったそうです。日本語を教えながら、英語も教えてくれるということでとてもいい機会だと思います。羊を飼っていると聞いて驚きました。まだ、まだ会ったばかりなのでこれからコミュニケーションをとってお互い上達できたらいいなと思っています。

2月の後半から大学の方で授業を受けられるということで、中国語を取りました。前にも言いましたが、英語も大切だが今、中国が経済成長をしているので中国語を話せるというのは将来的にも大きな利点になると思います。ある、学生も中国語を取った理由を聞かれて、「将来必要だから、ビジネスのため」と言っていました。英語で中国語を学んでいるのでとても面白いです。地元の学生は漢字を書くのに苦労しているようです。まだ、2回しか授業を受けていないためこの先がわかりませんが、EAP5と大学の授業が両立できるよう頑張りたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る