筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

池田 幸恵 さん (英語学科 )

三養基高等学校(佐賀)

考え方次第で自分にとってプラスにもマイナスにもなるものだと感じました。
Nov . 2012
こちらの生活にもだいぶ慣れてきたと思っていましたが、気温の変化に対応することだけはどうしても慣れることができずに苦労しています。一日だけものすごく寒い日があり、そのときはマイナス10℃以下になったので、そのときは寒いというより肌が痛いと感じるくらいでした。しかし真冬はこんなものじゃないとホストマザーも先生も言っていたので、1〜2月を迎えるのが恐ろしいです。しかし、この真冬になると家から出たくないと思うから勉強に集中できるよと先生が言っていたので、考え方次第で良い方向にも悪い方向にもなるのだと思いました。

11月の下旬は今までで一番忙しい月でした。Coreクラスのファイナルエッセイは比較できるテーマを決め、その利点と欠点を比較したレポートを提出するというものでした。私は高校と大学を比較したエッセイを書きました。ネットで情報を調べたり、Coreで習ったgrammarを使ってなんとか仕上げることができました。エッセイの他にも皆が関心を持つようなテーマを決めてそれに関するビデオを見て、それをレポートとして提出し、皆にプレゼンする、ということもしました。プレゼンではなるべく自分の書いたレポートを見ないでプレゼンするように言われましたが、私は結構見てしまったので、やはりspeaking力がまだまだだなと思いました。また、Spokenクラスでは10分間ペアの人と3つのテーマについて話すということをしました。わたしのペアは台湾人で二人とも元々Speakingが苦手だったので二人で放課後にたくさん練習しました。もちろん会話も自分たちで考えたので、そのときにここのgrammarはこうじゃない?とか、ここで習った表現入れてみようとか2人で考えを言い合えたのがとても良かったし、楽しかったです。Labクラスは毎回のテストが評価になるみたいだったので、そこまで大きなテストはありませんでしたが、時々CBC News というニュースを聞いてどのような内容でいくつのニュースが流れてきたかを聞き取るテストがあったのですが、キャスターの英語はとても早いのでいくつのニュースが流れたかを聞き分けるのがとても難しかったです。しかし、何回も受けるうちに最初よりも聞き取れるようになりました。

そして、今週の水曜日に無事卒業を迎えることができました。Fall Sessionが終わると多くの人が帰ってしまったので、とても寂しくなりました。Winter Sessionは40人くらいしかいないそうなのでとても寂しくなりそうですが、これをチャンスと捕らえて何事にも積極的にチャレンジしていきたいと思います!Winter Sessionまで約1ヶ月のお休みがありますが、英語力が落ちてしまわないように自分に厳しくいきたいと思います。早速、友達とNYに5日間行くのですが、気を抜き過ぎないようにしたいと思います。また、帰ってきたらFall Sessionの復習をしてWinter Sessionに備えたいと思います。
5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る