筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

谷崎 佑希 さん (英語学科 )

八代高等学校(熊本)

カナダの文化にふれました!
Oct . 2012
カナダに来て、あっという間に2か月が経ちました。10月は旅行に行ったり、break weekを楽しんだり、Halloween partyがあったりと毎日が充実していたように思います。

10月の半ばには、School TripでNiagara fallsとTorontoに行きました。天候はあまり良くなかったのですが、有名なナイアガラの滝をこの目で見ることができ、そのスケールの大きさにとても感動しました。またbreak week中はKingstonに留まり、友人とショッピングに行ったり、レストランに行ったりしてとてもリラックスできた1週間でした。

1週間のbreak weekの後には、秋のイベントであるHalloweenを楽しみました。Halloweenの数週間前にホストファミリーと家の飾りつけをしたのですが、とても本格的で、まるでhaunted houseのようでした。当日は、白雪姫のコスチュームを着て学校で行われるpartyに参加しました。みな趣向を凝らした個性的なコスチュームを着ており、カメラが手放せませんでした。Halloweenに限らず、こちらの人は小さなイベントでも大切にし、全力で楽しみます。それに対し日本人は、祝日がいつなのかさえ知らない人もいます。様々なイベントを通して、日本とカナダの文化の違いを身をもって知ることができ、とてもよい経験をしていると感じました。

sessionも半分が終了し、先日はmid-termの成績を受け取り、先生とこれからの課題について話し合いました。grammarは私の強みだけどspeakingが弱点だと指摘され、実際に私自身もそうだと感じました。また、語彙力が不足しているため、今後は会話の中でも難しい単語を積極的に使っていくべきだといわれました。先生に的確に弱点を指摘され、改めてこの2か月間を振り返ってみると、speakingが苦手なことを自覚しているのに克服する努力をしていない自分がいるのに気が付きました。これからは、授業中に積極的に発言するように心がけ、ホストファミリーとの会話の時間をもっと大切にしようと思いました。11月には、最も大きな課題であるエッセイに取り組まなければならず、今までよりさらに多忙になると考えられます。タイムマネージメントをしっかりとし、これまで学習してきたことを生かして、より良いエッセイが書けるように準備をしていきたいと思います。

私のホストマザーは、出産を12月に控えた妊婦さんです。そのため9月、10月にbaby showerが行われ私も参加しました。Baby showerとは、親戚が集まり出産を控えた妊婦さんにプレゼントやメッセージカードを贈り、間近に迫った出産を祝福するパーティーです。このような時期にファミリーと一緒に過ごせることは、とても貴重な体験だと思います。これから出産が近づくにつれ大変なことも多くなってくると思うので、全力でサポートしていきたいです。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る