筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

Fu.N さん (アジア文化学科)

鳥栖高等学校(佐賀)

少しでも長く中国の空気に触れて帰りたいなと思います。
May . 2012
中国に留学してとうとう3ヶ月が経ちました。天津には日本より一足早く夏が訪れ、蒸し暑い日が続いています。月末レポートを書くのもこれが最後だと思うと、この半年間がとても短く感じられるし、振り返ってみると、とても充実した留学生活だったなと思います。

4月の終わりから5月の初めにかけて、劳动节という日本のゴールデンウィークのような連休があります。私たちは、その連休を利用して北京に旅行に行ってきました。新幹線に乗るのも、切符を買うのも初めてだったので、友達に聞いたり、係の人に聞いたりして無事北京に着くことができました。北京でも、買い物の時やお店で何かを注文するときに、できるだけ中国語を使うように努めました。普段の授業中の発言よりも、こうやって実際に中国語を使って話してみたときに、初めて自分にも中国語の力が身についたんだな〜と感じます。

また、今月は授業の一環で、クラスのみんなで天津の長城に行きました。当日はとてもいい天気で、クラスの友達と頑張って登りました。私は初めての長城だったので、とても楽しみにしていたのですが、急な坂道や階段ばかりで、最後のほうはクタクタでした。しかしその分出口に到着してから、みんなで食べたアイスクリームがとてもおいしかったです。最近はクラスメートと一緒に、自国の料理を持ち寄って水上公園に行きました。韓国の料理やインドネシアの料理、イタリアやタイの料理を囲みながら、ギターを弾いたりボールで遊んだりして、とてもいい1日になりました。

さて、長いと思っていた半年間の留学生活も残り1ヶ月を切りました。中国に来て、様々な外国の文化に触れることができたし、友達もたくさんできました。そこで気づいたことや得たものは今の私にとってかけがえのないものです。また、自分で思っていたよりも中国の生活は快適で、最近は少しずつ会話もできるようになりました。中国で生活できる最後の1ヶ月なので、できるだけ友達と過ごし、少しでも長く中国の空気に触れて帰りたいなと思います。
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る