筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クイーンズ大学

Yu. O さん (英語学科 )

三養基高等学校(佐賀)

今だからこそできることを経験したい!
Mar . 2011
3月になり、厳しかった寒さも少しずつ和らいできました。一時は歩くのも困難なくらい地面に降り積もっていた雪も徐々にとけはじめています。
 今月カナダでも大きく話題になったのが、3月11日に日本で起きた大地震です。それからしばらくは、どのニュースも地震の話題でもちきりで、とにかくその目を疑いたくなるような光景に驚愕しました。心配してくれるホストファミリーや友達、学校の先生に、自分の家族や友人の無事を伝えることができた一方、続々と入ってくる信じがたい情報にいたたまれない気持ちになりました。しかし、落ち込む私を見て多くの人が日本は強い国だから大丈夫!みんながついてるから心配しないで!と励ましてくれたり、たくさんの国が日本を支援してくれているニュースを見たり、大学内で行われている募金活動に多くの人たちが協力してくれている姿を見て、とてもうれしく思うとともに日本は世界中から支えられているのだというありがたみを実感しました。それと同時に、自分にできることは何かを考え今後行動していきたいなと思いました。
 話は変わり、月末に授業の一環として、カナダの特産品でもあるメープルシロップができるまでの工程見学に行ってきました。世界で生産されているメープルシロップのうち約80%がカナダ産だそうです。純粋なものは1ℓあたり$18と少し高いようにも思えますが、1ℓのメープルシロップを生産するのに40ℓもの樹液が必要とのことでした。現代のような道具がない時代、古代の人たちがどう知恵を生かし、樹液を集め煮詰めていたのかや、楓の木の見分け方なども教えてもらいとても興味深いものでした。考えてみると、これもカナダにいるからこそできた貴重な体験でした。こちらの生活に慣れて見落としがちになっているかもしれないのですが、今後も今だからこそできることをたくさん経験していきたいなと思いました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る