文字サイズ変更

学生生活

奨学金制度

主な奨学金の種類

本学奨学金 [給付・減免]

本学独自の奨学金は5種類あります。給付額や応募資格などはそれぞれ以下の通りです。
名 称 給付額等 応募資格 対象学年
・採用数
筑紫女学園育英奨学会
奨学金
授業料、施設設備費、
教育充実費の合計額
(1年間)
向学心に燃えかつ経済的な理由によって修学が困難な者 全学年
4名
筑紫女学園大学奨学金 年間授業料の半額
(1年間)
経済的理由により修学困難な者 全学年
5名
筑紫女学園大学同窓会
「紫友会」学生支援奨学金
上限年額30万円 学業の継続が極めて困難となった優良な者 全学年
若干名
筑紫女学園大学同窓会
「紫友会」学生支援奨励金
上限年額10万円 クラブ、ボランティア活動などで積極的に活動している団体・個人 全学年
若干名
筑紫女学園大学
姉妹等校納金減免
姉妹・親子での重複在学期間に係る施設設備費の半額を減免 同一生計に属する姉妹または親子で重複して在学する2人目以降を対象 全学年

<留学支援>
本学の留学制度を利用して留学する場合、選考試験合格者に奨学金が支給されます。

日本学生支援機構 [貸与]

無利子の「第一種奨学金」は高校の学業成績平均3.5以上、利子を払う必要のある「第二種奨学金」は中レベル以上の成績が求められます。
名 称 貸与額 選考方法 募集時期
第一種奨学金(無利子)
大学 自宅
通学
30,000円・
54,000円
から選択
文部科学省令に定める基準および方法に従い、特に優れた学生で経済的理由により著しく修学に困難があると認定された者

高校3年次
4月〜6月頃


大学入学後
4月

自宅外
通学
30,000円・
64,000円
から選択
第二種奨学金(有利子) 貸与月額を3・5・8・10・12万円から選択 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者
第二種奨学金
《短期留学》
(3ヶ月〜1年)(有利子)
貸与月額を3・5・8・10・12万円から選択 派遣留学決定者の中で
条件に該当する者
留学開始時期
により異なる

地方公共団体の奨学金

地方公共団体の奨学金も本学が窓口となり取り扱いをしています。
奨学金の応募資格は本人かご家族がその地域の住民であることです。
住民登録をしている地域の役所か本学が受付窓口になります。
以下は、例年採用のある主要な奨学金で、このほかにも学生の要望に応じて対応可能です。
名 称 貸与額(無利子) 応募資格 募集時期
長崎県
育英会
私立 大学
のみ
47,000円 本人の主たる生計維持者が
長崎県に居住している者
4月
宮崎県
育英資金
私立 大学
のみ
自宅通学 53,000円 40,000円
27,000円
本人の主たる生計維持者が
宮崎県に居住している者
4月
自宅外通学 63,000円 48,000円
32,000円
山口県
ひとづくり財団
私立 大学
のみ
52,000円 本人の主たる生計維持者が
山口県に居住している者
4月

各種団体の奨学金

民間企業や個人によって設立されたさまざまな育英団体の奨学金も各団体の依頼に応じて本学が窓口となります。
以下は、例年採用のある主要な奨学金で、このほかにも学生の要望に応じて対応可能です。
名 称 貸与額(無利子) 応募資格 募集時期
あしなが育英会 一般 40,000円 病気、災害・自死遺児・重度の後遺症を
負った保護者の子女対象
4月
特別 50,000円
大学院 80,000円
交通遺児育英会 貸与月額を4・5・6万円から選択(大学) 交通事故遺児・重度の後遺症を
負った保護者の子女対象
4月
7月
貸与月額を5・8・10万円から選択(大学院)
本願寺派教学助成財団 80,000円(給付・年額) 宗派に包括される寺院または門徒の子弟で、
経済的理由により修学が著しく困難である者
※大学院除く
4月
江頭ホスピタリティ
事業振興財団
大学2年生 20,000円
(給付・月額)
ホスピタリティ産業や食に興味のある学生で、学業・人物ともに優れている者
※大学院除く
10月頃