アジア文化学科

あじあんず

アジア世界への水先案内人 アジア文化学科の大きな資産は、なんといってもバイタリティあふれる教員達です。 フィールド経験豊富な教員の授業やゼミは、 貴女の好奇心とやる気をかき立てます。
水先案内人 川尻 洋平羅 義圭徐 涛 「海善 小林知美 喜多村百合 横山豪志 崔淑芬 竹熊真波
ページトップ
日本
小林知美准教授
■専門・研究テーマ
専門は日本美術史、中でも日本の絵画に自然の風景がどのように表現されてきたかをテーマとしています。現在の研究対象は、平安時代のお経に書かれた甲斐が(経絵)です。
■担当科目
日本美術史、仏教美術史、比較文化論、体験−伝統文化、体験−ミュージアムで学ぶアジアなど
■卒業論文・卒業研究より

「江戸絵画史における伊藤若冲」
「敦煌莫高窟・第285窟の飛天を中心にしてみる中国仏教美術の変化」
「『大吉』から見る梧竹の個性」

 「平安時代特有の色彩の取り合わせ-西本願寺本三十六人家集石山切の料紙に見る−」
■メッセージ
21世紀の日本に生きている私たちが、少しでも昔の時代に目を向けたり、少しでも視野を広げてアジアの色々な地域を見渡したりすると、自分と同じところも違うところも持っている色々な人々が生きていることに気付き、自分もその中の一員なんだと自覚できます。美術作品と言うのは、美しいだけでなく、それぞれの時代や地域の人々の生活の中から生まれたものです。美術作品を見ることを出発点として、それらをつくった人々に思いをはせると、色々な時代・地域の人と心を通わせることができます。時空を越えた友達ができる、それが美術史の楽しさです。
■趣味
身体的散歩(時間・場所を問わず)&精神的散歩(現実・非現実を問わず)
緒方知美講師
お経の調査をしているところ
ページトップ
韓国
「海善教授
■専門・研究テーマ

韓国と日本の労働問題に焦点を置き、実態把握や計量分析を通してそのメカニズムを分析しています。特に女性労働問題に関しては、韓国・日本・ドイツの比較研究をしています。

■担当科目
東アジア入門、現代韓国事情、アジア経済論、アジア女性労働論 等
■卒業論文・卒業研究より

「韓国財閥の発展戦略と韓国経済に及ぼす影響」
「小学校の英語教育の日韓比較」
「子育て支援制度の日韓比較」
「韓国の大学制度と日本語関連学科の実態」

■メッセージ

今後、韓国社会をもっと深く学びたいと思う皆様。
・韓国社会を正しく理解し、把握するためには、韓国語の学習は必修です。
・K-pop、K-drama、K-Bookを通して、昔と現代の韓国社会を幅広く理解しましょう。
・韓国の社会・文化と関わる科目を履修し、韓国社会を体系的に勉強しましょう。

■趣味
クラシック音楽鑑賞、ウォーキング
「海善准教授
ページトップ
羅 義圭 講師
■専門・研究テーマ

日本の近代史を中心に、日韓歴史認識の葛藤を乗り越えるために思想的涵養の重要性を掘り下げてきました。一方、今は戦後以降在日韓国人の韓国語習得への意義と問題点について「多文化共生」をキーワードにして研究しています。

■担当科目
韓国語基礎、韓国語T・U・V・W、韓国語能力試験対策A・B、韓国の社会と文化等
■卒業論文・卒業研究より

「日本における韓国ポップカルチャー受容の変遷」
「日韓アイドルについて」
「韓流ブームを生み出すK-popアイドルと日本」
「ミスコミュニケーションの原因と対策」

「韓国における格差社会」
■メッセージ

韓国のK-popやドラマ、ファッション等が好きになって韓国語を習いたい皆さん!

言葉の習得は「楽しい・知りたい・使いたい・生かしたい」という思いを持って始まりますが、途中「難しい・大変だ・覚えられない」という壁にぶつかり挫折を味わうことも起こります。その挫折を乗り越えるために、ぜひ韓国人の友たちを作ってください。
■趣味
旅行、ウォーキング
「海善准教授
ページトップ
中国
崔 淑芬 教授
■専門・研究テーマ
教育史−特に中国女子教育史、中国歴史、比較文化
■担当科目
現代中国と教育、日中交流史、中国語上級T・U、卒業ゼミナールT・Uなど
■卒業論文・卒業研究より

「九州におけるアジアの訪日旅行者について」

「最澄と空海について」
■メッセージ
国際化時代に活躍できる人材になりましょう。
■趣味
音楽・読書・工芸品収集
崔 淑芬 教授
ページトップ
徐 涛 講師
■専門・研究テーマ
東アジア地域研究・国際関係論を専門としていますが、特に東アジア地域主義(東アジア地域統合)、国際関係理論、中国の東アジア外交を中心に研究してきました。近年、台頭する中国のアイデンティティ模索、日中関係(史)について研究しています。
■担当科目
東アジア近現代史、東アジア地誌、中国語中級、中国語ガイド試験対策、基礎ゼミナール、スタディ・アブロードA、体験−ミュージアムで学ぶアジア、卒業ゼミナール
■卒業論文・卒業研究より

「日中における相互認識の相違――日中共同世論調査を手掛かりに」

「中国の愛国主義教育について――改革開放期前後の教育」
■メッセージ

世界は大きな転換期を迎えており、経済、政治、安全保障、社会、文化、環境などの領域で重大な変化が加速しています。多元化、不確実性、矛盾が増大する21世紀において若者は広い視野、総合的な知識、歴史的思考力、創造的な構想力が求められています。
世界人口の6割を占め、民族や文化が多様性に富み、様々な課題を抱えながら驚異的な経済発展を遂げるアジアについて深く学ぶことを通して、アジアひいては世界の諸問題の解決に役立つ視座・知識を身に付け、アジアおよび世界のよりよい未来を拓く力を育てていきましょう。

■趣味
卓球、読書、(低い)山登り
徐 涛 講師
ページトップ
インド
喜多村百合 教授
■専門・研究テーマ
文化人類学(インド)、開発と文化変化、ジェンダー、南アジア系移民の文化
■担当科目
現代インド事情、移民文化論、NPO・NGO論、卒業ゼミナールT・Uなど
■卒業論文・卒業研究より

「インド女性の労働と教育−ケーララ州とウッタラカンド州の比較」
「アメリカにおけるインド人ディアスポラと政治」
「学生バイトは#MeToo問題と無縁か」

■メッセージ
あなたの知的冒険は、目の前にある「あたりまえ」の事柄を再考することから始まります。
■趣味
音楽鑑賞、水泳、旅行。
喜多村百合教授
インド・ケーララ州調査村で
ページトップ
川尻 洋平 准教授
■専門・研究テーマ
ヒンドゥー教、インド哲学、仏教学
■担当科目
仏教学、親鸞・人と思想、サンスクリット語など
■卒業論文・卒業研究より

2021年4月にアジア文化学科に異動したので、まだありません。

■メッセージ
仏教の故郷インドの今を覗いてみましょう。思いがけず、みなさんにハマるものがそこにはあります。充実したインド研修が開催されているのは筑女だけです。
■趣味
インドカレー作り
川尻 洋平 准教授
インドのお祭りホーリーの後
ページトップ
インドネシア
横山豪志 准教授
■専門・研究テーマ
比較政治学・インドネシア地域研究
■担当科目
東南アジア入門、アジア政治論、近代日本とアジア、国際政治学、時事アジアなど
■卒業論文・卒業研究より

「日本企業はなぜタイに進出しているのか」

「国際観光都市福岡を目指して」
■メッセージ
好奇心を持ってアジアを探究しよう
■趣味
旅、食べ歩き、タイガース
横山豪志教授
北京にて駱駝の掌を食べる
ページトップ
マレーシア
竹熊真波 教授
■専門・研究テーマ
私は、教育学、なかでも比較・国際教育学を専攻しており、アジアから来日する留学生の社会的背景などを中心に研究を行ってきました。「マレーシア人留学生の日本留学選択動機」という論文は日本比較教育学会において若手研究者に与えられる平塚賞奨励賞を受賞しています。現在は、フィリピンやフィジーの華人教育や高等専門学校(KOSEN)のモンゴル・ベトナムなどの海外進出について研究を進めています。
■担当科目
中等教職課程の専任教員として「教職入門」、「中等教育原理」、「中等教育実習指導」などの教職科目を担当すると共に、「国際教育論」や「卒業ゼミナールT・U」などのアジア文化学科の専門科目を担当しています。
■卒業論文・卒業研究より

「日本の外国語教育―海外との比較を踏まえて−」
「日本における難民の受入について〜多文化共生社会に向けて〜」
「中国・韓国における日本語教育」
「アジアの歴史観について〜第2次世界大戦における被害と加害〜」
「外国人子女の教育」

■メッセージ
大学とは、幅広い教養を身につけながらも、自分が知りたいことを徹底的に追求する場です。アジア文化学科での学びを通して、多様なアジアの文化・社会の実情を知り、アジアの一員として自分ができることを見つけ出して下さることを願っています。
■趣味

卓球、野球観戦、中国語(少々)

竹熊 真波 教授
武漢にて(2019.11)
ページトップ