心理・社会福祉専攻 社会福祉コース

特徴

現代社会に生きる人が直面する課題への適切な支援方法を系統立てて学びます。

人間を根本から理解するためにあらゆる分野と深く関わる「心理学」をベースに、1年次からそれぞれのコースの専門分野を学びます。
知識と経験を融合させた総合的な学習によって、自ら考え創造する力を持った職業人を育成します。

自己と向き合い豊かな人間性を育みつつ人々の問題に対応できる力を高めます。

多種多様な人で成り立つ社会の担い手となるには、自己と向き合い他人を理解する心が必要となります。
「共に生きる」という仏教思想のもと、倫理観と人間観を身につけます。
豊かな人間性は人生を生きていく支えになります。

共生社会の担い手を育む2つのコース。

人の心と発達に合わせた支援を考える「発達臨床心理コース」と、社会福祉の制度や相談援助などを学ぶ「社会福祉コース」。

大学案内(パンフレット)のワンポイントを1分動画で紹介

サムネイル

教育の方針(3つのポリシー)

こんな人に学んで欲しい

社会を取り巻くさまざまな問題や課題へ関心を持ち、人間が人間らしく生きられる公正な社会の実現に関心を持ち、その担い手になりたいと考えている人を求めています。
 

学べること

人と社会の関係など、心理学をベースに理解を深め、社会福祉の実情と課題を明らかにし、改善・解決を図るために必要な法律や制度から相談援助技術まで幅広く学びます。
 

身につく力

社会福祉士や精神保健福祉士、学校教諭といった人と向き合い支援や教育を行う専門家を養成します。国家資格対策をはじめ、少人数のサポート体制で強力にバックアップします。