基本理念と教育目標

社会福祉コース

大学(人間科学部)

教育目標

建学の精神に則って、人間の生涯発達や生活を取り巻く諸課題に対する科学的認識を深め、その解決に向けて適切に対処するための実践的な知識と技術をもって、人間が互いに支え合って生きることを支援する社会づくりに貢献できる女性を育成する。

共通科目

教育目標

社会人として必要と考えられる教養を身につけ、人生を豊かに作り上げていく基盤を確立する。

専攻科目

人間科学科 心理・社会福祉専攻 社会福祉コース

教育目標

われわれが働き、生活する社会の中で、何らかの生活困難(経済的な貧困や社会的孤立、必要な医療や介護を受けられない等々)をかかえた人々を援助する社会福祉の専門職を養成するコース。そのため、このコースでの教育は、豊かな人間性に裏づけられた専門的援助技能を身につけることを目標にしている。

1. 社会福祉実践に求められる豊かな価値観の体得

さまざまな問題を生みだす社会の構造についての科学的な認識を基盤とした基本的な価値観(社会観や人間観)を体得し、人間が人間らしく生きていくことができる社会を構築していくための社会的実践を展開できる人材を養成する。

2. 社会的実践としての社会福祉の専門職養成

現代の社会的諸問題についての科学的認識・理解のうえに、その解決に寄与し得る、科学的で温かみのある社会福祉実践を展開するための専門的知識と技術を習得した人材を養成する。

3. 人間が人間らしく生きられる社会の構築に寄与しうる人材の養成

卒業後、かりに社会福祉専門職としては働かない場合でも、職場や家庭・地域などにおいて、人間らしいつながりを創出する能力を身につけ、人間が人間らしく生きられる社会を構築する担い手となり得る人材を養成する。