教育 Academics

大学職員の能力開発(SD)

SD(スタッフ・ディベロップメント)

筑紫女学園大学では、かねてから事務職員に対する研修を実施してきたなか、『大学設置基準等の一部を改正する省令』(平成28年3月31日公布、平成29年4月1日施行)により、SD(スタッフ・ディベロップメント)が義務化されたことを受け、2016(平成28)年度より「SD実施方針」を策定し、「SD実施計画」により職員(教育職員・事務職員等)の資質能力の向上に努めています。

本学構成員として必要な基礎的知識と、教育職員及び事務職員に求められる「教育・研究支援」「学生・社会連携支援」「大学行政支援」の3分野における必要な知識・技能の習得を目的として、全事務職員を対象として実施しております。

SD:職員が大学等の運営に必要な知識・技能を身に付け、能力・資質を向上させるための研修のことをいい、FD(大学設置基準第25条の3)とは明確に区別がされています。「職員」には事務職員だけではなく、教育職員、技術職員等も含まれることから、全学を挙げてSDに取り組むことが求められています。

SD実施方針及び実施計画