基本理念と教育目標

日本語・日本文学科

大学(文学部)

教育目標

建学の精神に基づく確かな人間観を基盤として、多様な言語・文化を通して人間の生き方を学び、幅広い教養と高度なコミュニケーション能力をもって社会の発展に貢献できる女性を育成する。

共通科目

教育目標

社会人として必要と考えられる教養を身につけ、人生を豊かに作り上げていく基盤を確立する。

専攻科目

教育目標

日本語の力を養成し、さまざまな事柄を多角的に捉える力を培い、「伝える力」「考える力」を持った人間の育成を目標にしている。ここで学ぶ高度な表現力・コミュニケーションスキルは、専門職(国語科教員・日本語教員・博物館学芸員)のみならず、多岐にわたる業種の人材に求められているものである。

1. 日本語を大切にし、豊かな言語感覚と思考力を持った人間の育成

「読む・書く・聞く・話す」領域における日本語の基礎学力と専門的知識を養成し、日本語による考える力・創造する力・コミュニケーション能力の向上を図る。

2. ことばを的確に理解し、適切に表現できる能力を持った人間の育成

日本文学に関する専門的知識を修得し、各時代の作家・作品・文化への深い理解と鋭い洞察力を養成する。また、「創作」による高度な表現力と文学的創造力の獲得を図る。

3. 日本の文化に深い関心と理解を示すことのできる人間の育成

歴史・民俗・宗教・教育を基礎とした日本文化への多角的理解を促し、実習・観察・見学を通して日本文化への体験的接触と高度な知見の獲得を図る。また、グローバリゼーションの中での異文化への理解と国際人としての行動力を養成する。