基本理念と教育目標

英語学科

大学(文学部)

教育目標

建学の精神に基づく確かな人間観を基盤として、多様な言語・文化を通して人間の生き方を学び、幅広い教養と高度なコミュニケーション能力をもって社会の発展に貢献できる女性を育成する。

共通科目

教育目標

社会人として必要と考えられる教養を身につけ、人生を豊かに作り上げていく基盤を確立する。

専攻科目

教育目標

国際共通語としての英語の実践力を高め、幅広い教養や学問的・実務的専門知識の習得を通して他者に共感できる国際感覚を身につけ、異文化間の受信者・発信者として活躍する自立した女性を育成することを目標とする。

1. 英語コミュニケーション力を身につけ、異文化共生に資する人材の育成

「聴く・話す・読む・書く」の英語運用力を養成し、幅広い教養を背景に異文化理解を深め、グローバル化する社会に適応できる人材を育成する。

2. 言語・文化・文学に関する専門知識を身につけ、深い人間理解を持つ自立した女性の育成

英語学の理論や文化・文学の専門知識を養成し、人と人のつながりに対する理解を深め、豊かな人間性をもって教員など専門職に携わる自立した女性を育成する。

3. 実務的な能力・知識、国際感覚を身につけ、実社会で活躍できる人材の育成

諸資格・検定の取得支援を通して実社会で必要な基本的事務処理能力や知識を養成し、国際関係を把握し、グローバルな視野をもつ職業人として活躍できる人材を育成する。

4. ECP(English Communication ​Program)システムの効率的運用​

1、2、3年次にPlacement​​ Testによる習熟度別クラスを設け、英語圏出身の教員を中心とした英語主体の少人数授業を軸に、4年間を通して基礎から段階的に国際共通語としての英語の運用力の向上を図る。

また、メディア英語やビジネス英語、異文化理解、ポップカルチャーや国際関係などの科目によりグローバル化に対応する幅広い教養を身につけさせるとともに、海外研修や国際ボランティアへの積極的参加を促し、TOEIC受験を義務化する方向で支援して高得点取得を目指す。

5. 専門分野の知識と理解の基礎強化​

英語学、英語圏文学・文化などの専門科目を設け、英語力を専門の基礎から学術研究に利用可能なレベルまで高める。また、中等教職課程の専門科目に加え、児童英語教育副専攻関連科目により、高校・中学校の英語科教員の他、小学校、学習塾など各種英語教員の育成も目指す。さらに、3、4年次には「日本文化論」や「博物館展示論」などの科目を設け、日本語教員、博物館学芸員等の専門職の育成を目指す。

また3年次までに英検2級以上の取得を義務付け、「教諭免許」取得者の質の向上を図るとともに、「卒業ゼミナール」などで大学院進学も視野に入れた指導を行う。