キャンパス・スマイル

学校に行きたい子どもたちに「安心」をお届けする取り組み。
それが、筑紫女学園大学の『キャンパス・スマイル』です。

キャンパス・スマイルの目的

学校に行いきたいけど行けない、あるいは機会があれば学校以外のところでも学習したいなどと思う子どもたちに対して、安心して過ごせる“居場所”を大学キャンパス内につくり、子どもたちの自信とエネルギーの回復を目指していきます。

キャンパス・スマイルとは

筑紫女学園大学の学生が、子どもたちと一緒に会話や学習、レクリエーションなどの活動を行います。
(1)活動時間やペース

週に1~3回、2週間に1回など、子どもの意思を尊重しながら利用するペースを作っていきます。1回の活動時間は概ね1時間半ですが、それ以上の時間、もしくは緊張して疲れてしまう場合は、短時間(30分)から始めることもできます。
 

(2)活動の相手

子ども一人ひとりに、担当の大学生(筑女チャイルド・サポーター)が決まります。
筑女チャイルド・サポーターはプロではありませんが、子どもたちの“伴走者”として一緒に勉強したり、趣味や好きな音楽、アニメの話で盛り上がったり、子どもたちにとっては敷居の低いお姉さん的存在です。
※筑女チャイルド・サポーターには事前に「筑女チャイルド・サポーター養成講座(5回シリーズ)」の受講を義務づけています。
 

(3)活動の内容

子どもが希望すれば学習支援を行いますが、ボードゲームやトランプ、手芸、運動など、子どもたちがリラックスできるような活動からはじめます。
子どもたちの「これがやりたい!」という提案や意見を積極的に受け入れます。
 

(4)活動の場所

キャンパス内の小教室(演習室)の一室を利用することが一般的ですが、大学の図書館や体育館、学生食堂など、子どものニーズに合わせて様々な場所で活動します。