お知らせ News

「はだしのゲン」の作者中沢啓治氏を招いて人権講演会が開かれました

本年度第一回の人権講演会が、7月22日に著名な漫画作家の中沢啓治先生をお招きして行われました。演題は「『はだしのゲン』に託す」で、中沢先生の悲惨かつ壮絶な原爆体験が被爆当事者である先生の迫真の語りにより再現され、集まった多くの学生教職員の感動を呼び極めて貴重な機会となりました。
中沢先生は「はだしのゲン」第二部として、被爆者差別をテーマとして創作活動を構想されていましたが視力に限界があり、今後は講演活動を通じてメッセージを伝えていきたいとおっしゃられていました。なお「はだしのゲン」は今や11か国で翻訳されており、唯一の被爆国である日本にとって、また3月11日の大震災と原発事故によりだれもが被爆当事者になりうる私たちに、中沢先生の講演は二重の大きな教訓を残してくれたと思います。