お知らせ News

2011年度九州地区「五星奨─中国語コンテスト」で、本大学アジア文化学科4年生の古賀 佳奈子さんが第二位を受賞しました。

去る5月28日、「中国語を学び、中国を理解する」との理念のもと、2011年度九州地区「五星奨─中国語コンテスト」兼第10回「漢語橋─世界大学生中国語コンテスト」が、北九州市立大学で行われました。
このコンテストは、中国国務院僑務弁公室、国家漢語国際推広領導小組弁公室、中国駐福岡総領事館および日本の外務省、文部科学省などの後援と支持を受けています。
参加者は、九州大学・福岡大学を始めとする九州各県と、沖縄県、山口県に加えた計12の大学、5つの高校、3つの専門学校から100名近い学生が参加しました。関西地区からは京都女子大の参加がありました。
この激しい競い合いの中で、本大学アジア文化学科4年生の古賀 佳奈子さんが第二位を受賞しました。そして中国の大学から半年間の「学費免除」の留学奨励賞も贈られました。自ら積極的に挑戦しようという学生達が成長していることを実感しました。
以下、古賀 佳奈子さんの感想
五星奨中国語コンテストに参加して
2011年5月28日、私は五星奨中国語コンテストの暗誦の部に参加しました。この大会では、約600字の暗誦題材を覚えて発表し、発音や流暢さ、また声の大きさ等も考慮され、採点されます。
私は今回、これまで筑紫女学園大学のスピーチコンテストに参加してきた経験を生かし、さらに大きな大会で実力を試してみたいと思い、参加を決意しました。暗誦題材を覚える期間は約1カ月。最初は文章を覚える事に必死で、本当に当日までにすらすらと言える様になるのかと不安でした。しかし、中国語の先生に何度も発音や読み方を指導していただき、自宅でも繰り返し文章を読んで練習を続けるうちに、少しずつ上手く言えるようになりました。
それでも、当日はたくさんの人を前に緊張しましたが、私は二位をいただくことができました。今後も、中国語の学習を続けて行くと共に、将来は日中交流の懸け橋となる人材になれるよう、より一層努力をしていきたいです。
アジア文化学科4年
古賀 佳奈子