お知らせ News

ラトナ主催パソコンテイク講習会を行いました

聴覚などに障がいのある学生の情報保障として授業の内容や周りの様子などの音情報をその場で文字にして伝えることを「ノートテイク・パソコンテイク」といいます。

筑紫女学園大学では、学生サポートルームラトナが窓口となり、学生ボランティア団体『MSG(ミューチュアルサポートグループ)』と協力しながら、障がい学生の情報保障をはじめとする修学支援を行っております。

毎年開催されるラトナ主催のテイク講習会では、『特定非営利活動法人 障がい者相互支援センターMCP』の講師の先生方をお招きしており、今回は初心者向け講習会として、障がい理解・情報保障についての講義と、パソコンテイクの基本動作・実技実践練習が行われました。

講習会では、パソコンテイクということで、タイピングの練習から始まり、機器の接続や設定方法、しっかりと実技練習をしていただき、トラブル解決方法も学びました。また、恒例の『情報保障についての説明やテイク活動のマナー』についてもお話しいただき、1年生は真剣に、テイク活動経験者である先輩は日ごろの活動について振り返りながら、参加した学生の立場で思い思いに学んでいました。

長時間にわたる講習会でしたが、積極的な発言もみられ、熱気のある講習会となりました。

MCPの先生方、大変お世話になりました。参加した学生も、お疲れ様でした。
日々の活動で、ぜひ活かしてください!!