お知らせ News

【国際交流センター】中国、台湾、韓国の協定大学の留学生が日本語・日本文化を学んでいます。

後期から、中国、台湾、韓国の協定大学11名の交換留学生が本学で学修しています。彼女たちは9月から半年間または1年間、本学で日本語や日本文化を学びます。

最初は不安そうな表情をしていましたが、日本に到着して約1カ月がたち、日本での生活にも慣れてきたようです。学部授業履修や、和敬寮滞在、様々な国際交流イベントを通して本学学生との交流を深め、半年、1年と短い期間ですが有意義な留学生活になることを願っています。

本学で学ぶ協定校の交換留学生や、学部留学生の数は年々増え、現在では中国、台湾、韓国、ベトナム出身の留学生27名が在学しています。留学生との交流の機会も増え、日本人学生にも良い刺激になっているようです!

交換留学生たちは早速、毎週水曜日と木曜日に実施しているインターナショナルカフェで中国語や韓国語で日本人学生と交流しています!

「華道」の授業。今回は茶花を楽しみました。
交換留学生の作品。
インターナショナルカフェ(韓国語)
インターナショナルカフェ(中国語)