お知らせ News

春季「筑女ボランティアプロジェクト」活動報告

筑紫女学園大学では、これまで活動を継続している東北・熊本・ネパールなどの被災地でのボランティア活動を春季休暇中に活動中です。

2月にネパール大地震復興教育支援活動、熊本震災復興支援、東日本大震災ボランティア研修を実施しています。学生たちの中には複数回同じ活動に参加し、被災地の状況を見守りながら活動し、また、他の活動に参加しながら様々なボランティア体験を積み重ね、次の活動にその経験を積極的に活かしています。また、3月にも熊本震災復興支援、東日本大震災ボランティア研修、九州北部豪雨災害復興支援の活動を予定しています。

1.ネパール大地震復興教育支援活動

・実施時期 平成30年2月16日(金)~2月28日(木) 12泊13日 ・参加学生11名

2.熊本震災復興支援

・実施時期 平成30年2月18日(日)

・参加学生 48名で活動(大学生12名・高校生31名・中学生5名) 

・活動場所 益城町テクノ仮設団地・梅ケ枝餅の提供等(「みんなの家」および家庭訪問)

3.東日本大震災ボランティア研修

・実施時期 [2月班] 平成30年2月19日(月)~2月23日(金) 4泊5日

・参加学生 14名

・活動場所 福島県福島市、宮城県仙台市

4.3月の震災ボランティア活動予定

3月4日  九州北部豪雨災害復興支援  東峰村で活動予定  

3月18日 熊本震災復興支援 益城町テクノ仮設住宅で活動予定

3月9日~13日 東日本大震災ボランティア研修 岩手県、宮城県、福島県で活動予定