お知らせ News

中国語弁論大会で岩見彩加さんが優秀賞を受賞しました【国際交流センター】

12月8日に開催された福岡市姉妹都市委員会主催第11回中国語弁論大会にて本学アジア文化学科3年の岩見彩加さんが優秀賞を受賞しました。

 

これまで授業やサークル活動、中国語スピーチコンテスト、国際交流センター主催のインターナショナルカフェなど、中国語にふれる機会が多くありました。
今年は大学のプログラムを使い、半年間中国の北京に留学することもできました。後期の授業も半分が終わり、卒業ゼミナールなど最終学年を意識し始めた時、石先生からこの弁論大会を紹介していただきました。
これまでの学習の成果を確かめてみたい、自分の度胸を試してみたいと思い参加することにしました。

募集要項には事前審査等の記述があり不安でしたが、無事大会で発表することができました。思うようにいかなかった部分もありますが、優秀賞をいただくことができ、これからの学習意欲がより高まり、また、それはこのように学習をサポートしてくださる先生方や制度があるおかげだとも改めて感じました。

大学に進学してから中国語の学習をはじめ、もう3年が経とうとしています。これまで中国語検定や新HSKテストなど資格試験も受験してきましたが、これからはそれらに加え、よりネイティブに近い表現ができるように会話の実践を通して学習を深めていこうと考えています。


アジア文化学科3年 岩見 彩加