履修証明プログラム

女性のためのステップアップ・プログラム
 IT・日本語教育・ダイバーシティ ~

筑紫女学園大学では、就労中または就労を目指している社会人女性を対象に、「女性のためのステップアップ・プログラム ~IT・日本語教育・ダイバーシティ~」を開設して、社会での女性の活躍を支援しています。

履修証明プログラムとは、社会人等の学生以外の方を対象とした特別な課程です。教育・研究資源を活かし一定の教育計画の下に編成された体系的な知識・技能等の修得を目的とした教育プログラムで、目的・内容に応じ総時間数60時間以上で設定されています。プログラム修了者には、学校教育法に基づく履修証明書を交付します。

3分野のプログラムをご用意しました。

~ ITスキルについて学びたい

①ITスキルを高めるプログラム
企業や社会活動において使用頻度の高いMicrosoftのWord、Excel、PowerPointの活用力を身に付けるプログラムです。
授業形態は、遠隔(オンデマンド)にて開講し、通学することなく、好きな場所、好きな時間に学修に取り組むことが可能です。

~ 日本語教育について学びたい

②-1日本語教育の基礎的な知識とスキルを身に付けるプログラム【科目等履修コース】
外国人就労者の増加に伴い、様々な地域で外国人との交流が盛んになっています。
地域の外国人居住者への日本語教育支援活動に参加していたり、興味・関心がある方が、将来的に日本語教員を目指す(検討する)際にお勧めのプログラムです。
なお、日本語教員を目指すプログラム③の受講には、「学士」(大学卒業)が必要です。

②-2日本語教育の基礎的な知識とスキルを身に付けるプログラム【聴講コース】
外国人就労者の増加に伴い、様々な地域で外国人との交流が盛んになっています。
地域の外国人居住者への日本語教育支援活動に参加していたり、興味・関心がある方が基礎的な知識と技能を身に付けるプログラムです。

③日本語教員としての知識と能力を身に付けるプログラム
筑紫女学園大学の日本語教員副専攻課程を履修するプログラムです。
②-1から本プログラムを引き続き受講する場合は、既修得科目は免除されます。
修了者には、「日本語教員副専攻課程修了証」が発行され、日本語学校等での日本語教師として就労する資格が得られます。

~ ダイバーシティについて学びたい

④多様性が尊重される社会を作るためのプログラム
現在、様々な(国籍、性別、文化、慣習、障がいなど)人々と協働し、よりよい社会を作っていくことが求められています。
これからの地域社会をよりよい方向へすすめるために、様々な人を理解し円滑なコミュニケーションを可能とするための基礎的な知識やコミュニケーションスキルを身に付けるプログラムです。

募集要項

●履修資格
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者または2021年3月に卒業見込みの者
(2)本学において、個別入学の資格審査により、高等学校を卒業と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者
   注)プログラムによっては、大学卒業以上の資格が必要です。

●申込受付期間
  前期    2021年2月1日(月)~2月26日(金)
  後期    2021年8月2日(月)~8月20日(金)
  ※事前のお問合せ・ご相談は、常時受け付けています。
  ※土・日・祝日・夏季休業日(8月12日~16日)を除きます。

詳しくは女性活躍支援センターまでお問い合わせください。

授業科目・履修費

◆授業科目についての詳細はWEBシラバスにて、ご確認ください。
「シラバス」とは、教育課程(カリキュラム)を構成する科目の概要・授業計画・成績評価基準・評価方法など受講に関して必要な情報をまとめたもので、主体的に学んでいく上で重要な資料です。

筑紫女学園大学 女性活躍支援センター

住所:〒818-0192 福岡県太宰府市石坂2-12-1
電話番号:092-925-9685
E-mail:cj-gec@chikushi-u.ac.jp