留学・研修現地レポート Report from Overseas

ラストスパート!

Mar . 2018

~English~

 Finally, this is the last monthly report in Cebu! It also means that I have just one month until the last day in Cebu… At first, I felt that 6 months was too long, but actually it was quite fast. Through my 6 months(in fact, it’s not yet.) studying abroad, I have met many people and experienced a lot of things including bad things. Honestly speaking, I assume that I’ve experienced many bad things than good things. Of course, I understand that everything doesn’t go well, however there are so many hardships than I imagined… In the meanwhile, I'm sure that I could make striking progresses by getting over these difficulties. Recently, I feel somewhat impatience because my graduation is coming. Well, it can't be helped. All I have to do is that I concentrate on studying English as possible during the left time.

 By the way, in these days, I'm busy in buying souvenirs for my precious people! Filipinos really love sweets. So there are so many snacks and sweets… It's confusing me but I'll buy my fatorite for them! I like Philippine cuisine though school's meals aren't suited for me.Although it sounds innovative,  It's quite useful for me to appreciate the food in order to comprehend the national characteristic. What's the ingredient? What's the characteristic of this spice? There are many useful standards! It' exactly interesting for me! Moreover, it's also great to share the impression with my teachers and friends. It's one of my fruits of studying abroad.

 In UV, nowadays I'm struggling with final examinations. I have to act and dance in front of a lot of people! These activities are really hard for me ( because  I'm not familiar with them…), but I'll keep it up with my amicable classmates!

 In QQE, I'm irritated with my 5th progress test score! I felt that the result of progress test didn't reflect my

efforts though I did do my best continually… I think that it's one of themes assigned which I have to conquest until the last day of studying abroad. I desire to overcome this weak point that my English skill is affected by my condition.

For better or worse, it's my last month of studying abroad! I hate the word "chagrin". Hence I'll just strive, wait and pray.

 

※The first picture was taken when I went to the UV. Although I use this road every time, I feel that it's the real of the Philippines. The road is not flat. There are lots of unpaved streets. Through seeing and experiencing this environment, I can also learn about the issues about the Philippines. As I stated above, I've gone through some conflicts with staffs, teachers, and classmates (it's not so serious, but there are.) precisely. While, I realize that I could ameliorate myself. I'm sure that I'm much more competent than before. Therefore, I believe that these hardships aren't waste of time. On the contrary, these are my energy!

The second picture was taken when my sweet Taiwanese roommate went back to her country. She is the most close friend so the parting was really wrenching… However, I believe that we can meet again someday.

 

 

 

~日本語~

 遂に月間報告書もこれで最後になりました!また、私の留学も残り一か月を切りました...初めは6か月の留学生活は途方なく長いな、と感じていましたが、実際はあっという間のことでした。そして、6か月(まだ完全に終えてはいませんが...)という長い留学期間を通して、たくさんの人と出会い、いろいろなことを経験しました。正直に言って、良いことより多くの辛いことを経験してきたように感じます。勿論、全てがうまくいくことはないという事は理解していましたが、想像以上に困難が多かったです。一方で、それらの困難を乗り越える事で、確かに、進歩を遂げられた、という実感もあります。さらに、最近は留学期間の残り時間の少なさから焦りを感じることがありますが、これは仕方ありません…残された時間の中で出来る限り英語の勉強に集中すること、ただそれだけです。

 ところで、最近は帰国も近づいて来た事もあり、大切な人たちへのお土産選びに忙しくもあります!フィリピンの人たちは全体的に甘いものが好きで、沢山のスイーツがあり、実際に選ぶとなると、どれも美味しく迷ってしまいます…学校の食事が合わず、お腹を壊してしまう事もあったのですが、私はフィリピン料理が大好きです!そして、これは少し斬新に感じられるかもしれませんが、国民性を理解するにあたり、その国の料理を食べる事もより深い理解に繋がるような気がします。どういった食料を使うのか、調味料の特徴など、料理からその国の国民性を推し量るのは私にとって面白い体験になりました。学校の先生やクラスメイトとそれについて話す事もまた、理解を深める一歩になります。この留学を通して、あらゆる面からフィリピンという国の文化にアプローチできた事は大きな収穫でした。

 UVでは、期末試験に向けて格闘しています。たくさんの人の前で演技や踊りをしなければならず、日本ではこういった活動に取り組む事が稀だったので、精神的にも体力的にもとても疲れてしまいますが、クラスメイトに助けてもらいながら、思い残す事の無いよう、やりきりたいと思います。

 QQEでは、5回目に受けたプログレステストの結果に悔しさを感じています。日々ベストを尽くすよう心がけているにも関わらず、テストの結果に日々の努力が繋がっていないような気がしてしまうからです。これは帰国前最後にプログレステストを受けるまでの課題です。今の私の英語力はその日の調子に影響されるというか、伝えたいことをうまく伝えきれない時もあるので、出来る限り、調子の良し悪しに影響されない英語力を身につけたいと思います。

 泣いても笑っても、半年の留学期間、最後の1ヶ月です!私は「後悔」という言葉が大嫌いです。「人事を尽くして天命を待つ」、という言葉がありますが、その言葉通り体現するだけだと思います。

 

※1枚目の写真はUVへの通学の際に撮ったものです。いつもQQEのバスで通学して居ますが、これがフィリピンのリアルな写真です。道は凸凹、きちんと舗装されていない道もしばしばです。もし現地の大学に行っていなかったら経験できない事を見て、感じたことでフィリピンの社会的な問題についても学ぶことができました。前にも述べましたが、スタッフさんやクラスメイト、先生と意思の疎通が上手くいかずにトラブルになった事も、それほど深刻ではないものの事実です。一方で確かに私はこの留学を乗り越え、強くなれた事を実感しています。苦しい時期が長く辛かったですが、決して時間の無駄という訳では無く、寧ろ私が強くなるための動力源になったと、そう思います。

2枚目の写真は台湾人のルームメイトの子が帰国する時に一緒に撮ったものです。彼女が一番親しいルームメイトだったので、帰る時はとても悲しかったですが、お互い頑張って、いつかまた会えることを信じています。